« もとのぐうたら亭主に | トップページ | 鳩迷惑な雨 »

2009年12月 9日 (水)

あかい夕日に照らされて

012 いつもは午前中に済ます散歩を都合によって午後三時過ぎになって家を出た。

風も無く穏やかな天気で歩きやすい。第二東名取り付け道路の工事進捗状況を眺めている、ご同輩と少し言葉を交わす、「男ってこういう現場が好きなんだなぁ」飽かず眺めている人がよくいる。

かくいう自分もそうなのだ。特に自分がしてきた仕事に関係すると監督顔負けの気持ちで見てしまうことがある。

しかし、ここまでで4,000歩ちょっと、日脚の早くなった今ここで監督をしていたら”目標毎日一万歩”には、程遠いことになってしまうので、子供病院脇の道をテクテクと足を伸ばす。

麻機沼の北側部分になる、ここでも鴨類が水面を遊弋し、餌の小魚を狙って水面を覗き込んでいる鷺のほうに平気で近寄っていく。迷惑げな顔をしている青鷺、ガアガアと無遠慮にわめきたてているカルガモはさしづめ山で見かける小母ちゃん軍団か、、、。なんて考えながらわき見をして散歩を続ける自分。

そうこうしていると、水面は夕日に照らされ枯れ尾花となった葦を染め、水から上がったばかしの羽根を乾かすのか沼に立てられた棒杭につかまった鵜が羽根を広げている。

すぐそばにもう一羽の鵜がいたので、羽根を乾かすのが目的か、示威行動か、はたまた求愛行動か、、。

..

.021

そして、ふと浮かんだ言葉が「戦友」の歌詞。#あ~かい夕日に照らされて、、と覚えてきたが、#あかい夕日、、と伸ばさないのが本当なのだろうかなど、、どうでもいいことだけどね。そのうち山際に日がかかりだしてしまい、日ごろ毛嫌いしている引っ付き虫のアメリカ栴檀草の棘さえ趣きを感じてしまう。

帰宅は日没、万歩計は13,500歩と目的達成!。

|

« もとのぐうたら亭主に | トップページ | 鳩迷惑な雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46980119

この記事へのトラックバック一覧です: あかい夕日に照らされて:

« もとのぐうたら亭主に | トップページ | 鳩迷惑な雨 »