« 見直した駿府公園からの富士山 | トップページ | 怖かったホワイトアウト »

2009年12月18日 (金)

葉が落ちて知られる

001 近所にある県立総合病院にある”百合の木”きれいに葉を落として名前の由来になった百合の花に似た実が現れた。

この木は、木蓮の仲間の高木で五月頃花を咲かせるというので、良く通って花の写真が撮れないものかと下から仰いだが、なにせ、低いところに花が咲かないらしく、あちこちから眺めたが花の所在は分からなかった。

花は、木蓮科だけあって小さいながら、すこし黄味がかったものらしいので、外国ではチューリップツリーと呼ばれているそうな。

この花は、当然のことながら人に見せるために咲いているわけでないので、自分が悔しがっても仕様が無いこと、、、、、ただ、蜜蜂が好んで来るそうで、西洋ではこの花の蜜は珍重されているそうな。

.

先月二十四日に間質性肺炎の息子を持つ家庭の記事を書いたが、昨日ついに帰らぬ人となった。

これから、お通夜に向けて東名を西に向かってに行くのだが、親の気持ちを考えるとつらい。

この病気も難病の一つで、回復の見込みがほとんど無いそうで、親は早くから覚悟を決めていたようだが、昔から言われるように死というものが年の順にくるわけで無いだけに、、、、、。

|

« 見直した駿府公園からの富士山 | トップページ | 怖かったホワイトアウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47050247

この記事へのトラックバック一覧です: 葉が落ちて知られる:

« 見直した駿府公園からの富士山 | トップページ | 怖かったホワイトアウト »