« 静岡は初雪  どこが? | トップページ | スッテンコロリと »

2010年1月 1日 (金)

千両役者ってものは

053 「千両役者ってのは気を持たせるのが上手なんだよ」ってのが隣の草の上に座り込んだ杉山さんの言い分。

一気に上った岡の上は冷たい風が吹いていたが278段とかある階段を上れば身体が汗ばむくらいで温かだった。それから日の出まで十五分ほどだったが伊豆半島の上あたりにある低い雲の上を真っ赤に染めていながらなかなかお出ましにならない。

039huji 富士山が赤く染まってからさらに五分、いまかいまかと待つ自分に声をかけてくれたのが上の言葉、周りの山を赤黒く染めてからようやく顔を出した。

雲さえなければ一年中見られる太陽だが、元旦の太陽には格別なものがある。この寒ささえなんだか身を清めるようで、すがすがしく感じるのは日本人だけだろうか、、。

クリスマスを大騒ぎする欧米では、新年と言ってもカウントダウンみたいなことをしても日の出にそんな感情は無いように聞く。

一神教と草木石から便所にまで神の霊が宿ると感じた八百万の神々がつどう日本という違いだけなのだろうか、、、、、。

,

今日の年賀状に長年年賀状だけの付き合いになっていた婦人の夫から「彼女が認知症になり、入院していますので、今後は新年のご挨拶を控えさせていただきます」というのがあった。

昨年の年賀状では、それまで字が上手だった彼女の手になるものとは思えないほど震えた筆跡だったので、どうしたのかな?とは思っていたのだったが、。「そんな状況だったのか」と改めて感慨深いもの感じてしまった。

認知症は、どういうことが原因でなるのか解明されていない以上、来年は我が身ということもありうる。自分の場合はどうするのか。また、彼女の夫に慰めの手紙を出したほうが良いのか、それとも、見舞いに?なんだか切なくて、そして、心乱れて、、、しばらくは普天間基地のように考えて見なければ早々に結論を出せないと思うのだが、、、。

|

« 静岡は初雪  どこが? | トップページ | スッテンコロリと »

コメント

慶さん
おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
私の年賀状。今年ははんこと手書きにしました。何せ閑がありますので、それと90枚ほどですから、、。
割合と簡単に出来ましたよ。

認知症の話。鉱山に勤めていたとき主婦会の役員と担当の執行委員と言うことで知り合いましたが、聞いてみると遠い親戚であることも分かり、それ以来ほかの役員とも年賀状の交換をしていました。
私より10歳ほど年上でよき小母さんと言った感じでしたので、あの人が、と言う感じが強く気持ちが受け入れられません。
型どおりにですか、、、何か送るしかないでしょうかね

投稿: オラケタル | 2010年1月 3日 (日) 22時02分

あけましておめでとうございます。
やはり新年は初日の出と年賀状ですね(*^^)v
慶は年賀状は年々手抜きになり…、いただく年賀状もみなパソコンでの印刷ばかりになりました。
昨年は年賀状のだけのお付き合いになっていた友達と再会。その後濃い付き合いになり旅行にも行ってきました。少し余裕も出てきてまた会いたいねが、現実に会えるようにもなってきましたが、オラケタルさんのようなお便りは切ないですね。
ご主人とのお付き合いがある方なら、電話で直接声をの方がいいでしょうが、妻の付き合いの程度ってわからないじゃないですか。相手に失礼のないように年賀状を頼りに皆さんに送ってらっしゃると思うんですよ。その時に何も誰も返事がないっていうのもとてもさみしいと思うんです。その方のご主人は認知症であることを隠さず伝えていらっしゃるので、認知症も病気の一つととらえて、型どおりのお見舞いのお便りでも送って差し上げればいいのではないでしょうか。

投稿: | 2010年1月 3日 (日) 11時31分

okeraさま

開けましておめでとうございます。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

また、何か気づいたところがありましたら教えてください。
寒さもこれから厳しくなりますのでお身体に気をつけてお過ごしください。

投稿: オラケタル | 2010年1月 2日 (土) 21時47分

明けましておめでとう御座います。
 昨年は色々教えていただき有難う御座いました。
 今年も宜しく御願い致します。

投稿: okera | 2010年1月 2日 (土) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47178800

この記事へのトラックバック一覧です: 千両役者ってものは:

« 静岡は初雪  どこが? | トップページ | スッテンコロリと »