« 風雪をおかして | トップページ | 草紅葉もあちこちに »

2010年1月16日 (土)

ホワイトペーパーは

012 011 この花の名前をペーパーホワイトともホワイトペーパーともいう。

ごく一般的な日本水仙とちがって、花全体が真っ白なため付いた名前であり、いかにも紙細工をおもわせる。

一方で、ホワイトペーパーを直訳すれば白書であり、○○白書と言う言葉を聞いたことがある。

こちらは、表紙が白いだけで中身は国民を脅かし、説得する材料に使われた小冊子と言ったところか。異質なものとしては「イチゴ白書」と言う映画(見ていない)があって「イチゴ白書もういちど」といううたがあった。

またどこかに脱線していく、、、、。

.

.

.

002_2  床屋談義をもう一度。

「おやじさん、床屋さんの看板であるくるくる廻る三色の標識はなんて名前なの?」「サインポールっていうんだけ~が、むかしはアルヘイ棒って言ったけ」

「アルヘイって?」「さあ詳しいことは知らんけ~が、、、有平棒って書いたらしいよ」

面白い話を聞いたとばかり、かえって調べてみた。

そしたら、有平糖という飴菓子から来たそうで、もともとの語源はポルトガル語のALFE`LOAを日本字に当てはめたと言うことだった。

有平糖とは色のついた飴を捻じったり合せたり、貼り合せたりする飴細工であり、いまでも、祭りなどに出てくる屋台で見る飴細工もそのうちだが、そんなところが語源になったと言うのは面白い。

|

« 風雪をおかして | トップページ | 草紅葉もあちこちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47309271

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトペーパーは:

« 風雪をおかして | トップページ | 草紅葉もあちこちに »