« 千両役者ってものは | トップページ | 一富士二鷹 »

2010年1月 2日 (土)

スッテンコロリと

026kori 北風吹きぬく 寒い朝も 心ひとつで 暖かくなる  ッて歌があったけど、今朝の寒さは風も無いため妙にシ~ンとした感じの寒さであった。

麻機の沼も前面結氷し、カモたちはいる場所がなかったのかいつもの場所では見られない。寒さと言うより犬猫をはじめ天敵の難から逃れるためと思うが、昔聞いた「北の国では鴨を取るのに鎌を持って湖に行き凍りついて動けない鴨の足を刈り取るのだ」と言うのを思い出した。

032kuro そして、日が当たりだした氷の上を、背黒セキレイが何羽も歩き回り、虫を追っているらしい動作を繰り返していた。

こんなところに虫がいるんだ。と思って見ていたが、背黒セキレイのほうは経験のない氷上に戸惑っているらしく、氷の上で足を滑らせ酔っ払いのような動作が面白く何度もよろけている。

043 ただ、デジカメのシャッターの切れが遅く、スッテンコロリンと滑った場面は失敗。取れていれば、、、、、。今年のフォカス一号だったかも知れず残念だった。

そのあと、決まり悪そうに背を向けて去っていた。

.

民主党の小沢幹事長の家の新年会に民主党議員が160余人も集まったと言う。先の中国訪問は600人以上を引き連れて出かけた、と、言うが、なんだか異常な感じがするのは自分だけではないだろう。

彼は、故田中角栄について政治学を学び尊敬し、その行動を見習っているやに聞くが、これらの一連の行動は「数は力なり」と豪語した田中角栄をそのまま踏襲しているように見えて仕様が無い。

おりしも政治献金ではいろいろと難しい局面に立たされて来始めているように見えるのは、田中角栄の当時と良く似て来ているような気がする。

高転びに転ぶのは、昔から数かぞえ切れないくらいある話。スッテンコロリと行くのかどうか、、、。

|

« 千両役者ってものは | トップページ | 一富士二鷹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47185123

この記事へのトラックバック一覧です: スッテンコロリと:

« 千両役者ってものは | トップページ | 一富士二鷹 »