« 雪見蕎麦でもと | トップページ | 風雪をおかして »

2010年1月14日 (木)

鷺の日向ぼこ

028 ”木枯らし”と言うのは晩秋から初冬にかけて吹く風のことだから、今日の風は、と、調べてみたがよく分からない。真冬に強い風は当たり前と言うことだろうか。

ともあれ、「凛とした感じの、この冷たい風は気が引き締まってまったく嫌と言うことでもない」と言ったら「肉が厚くて寒さが骨身に届かない人は、、、」と叱られた。

037 散歩の途中西風を遮るような陽だまりに、青鷺とコサギがいるところにダイサギが飛んできて一ヶ所に集まっていた。風を避けてと言うより暖をとっているように見えたのは思い違いだろうか。

普段は水の中に入って小魚を追っている姿を見ると、水の冷たさや風の寒さは感じないものと思っていたが、コサギに周囲を警戒させて、うつらうつらとしている青鷺をみると、どこかの楽隠居に想像してしまう。

.

008 日航がどうやら破綻することが確実になったようで株が売り込まれ値段がつかなくなったようだ。

最初、3,000億円とも言われた負債が結局は8,000億円にもなりそうだとのこと、世界をまたに駆け、日の丸を背負って飛んだ航空会社の経理はどうなっていたのだろうか。

新聞によると「親方日の丸」意識が抜けなかったためとも言われるが、政官業のもたれあいの結果だとも言われている。

利益誘導型の飛行場を全国到るところに作らせ、その飛行場に採算無視で就航させた政治家や官僚。裏での癒着でそれを断れなかった日航(会社幹部)が長年にわたって作り上げてきたもので、静岡空港などもその典型だったに違いない。

今日も空行く日航のジエット機は音もなく飛び機体も霞んで見える。

|

« 雪見蕎麦でもと | トップページ | 風雪をおかして »

コメント

tomokoさん
どうしてもこの時期になると花の数が(山野草の場合とくに、、)少なくなる上、枯れ葉が落ちた分だけ鳥が目立ってきますものね。
ところで、メジロですが蜜柑などがあれば一番近寄りやすい鳥ですが、梅や寒桜の下でじっと待っていれば案外警戒心の薄い鳥ですので、、、試してみてください。
えっ、寒空で立ちんぼは嫌ですか。shock

投稿: オラケタル | 2010年1月15日 (金) 22時01分

慶さんは夫婦に見立てましたか、、私は楽隠居と孫と見立ててていました。
この鳥たちに限らず、なんとなく擬人化して見ると言うのも面白くて、次は何をするんだろうと陰に隠れてみていますが、、、、鳥の場合は眠った振りをしていても、こちらを監視しているものですね。
向こうも、へっぴり腰でいる人間を見ていろいろ想像しているのかと、、、。

投稿: オラケタル | 2010年1月15日 (金) 21時54分

こんばんは!
鳥もやはり寒い? でしょうねぇ。。。
冷たい水にはなるべく入りたくないと思いますよ!
ところで冬場は、花が少ないから皆さん鳥に関した記事が多くなっていますね。
我が家にもメジロがくるので撮ってみようと思ったのですが、カメラがね! (腕じゃないと思うんですが…)
あっさり、あきらめました。
昨日はコメントありがとうございました。寒さに負けないで更新頑張りますね!

投稿: tomoko | 2010年1月15日 (金) 19時53分

寒いのに、なんだかほんわかした2匹ですね。
親分子分?それとも友達同士?種類は違うのに親子にも夫婦にも見える。「ちょっとあなたあ、あなたもちょっとは見張りをしてくださいよう。」「ああ…むにゃむにゃzzzz」鳥さんって違う種類の鳥でも仲良く一緒にいてちょっとうらやましい感じがします。
 日航の件はなんだか静岡県民の税金もたくさん使われそうな感じですね。どうなるんでしょうね。

投稿: | 2010年1月15日 (金) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47291731

この記事へのトラックバック一覧です: 鷺の日向ぼこ:

« 雪見蕎麦でもと | トップページ | 風雪をおかして »