« 光り輝く青木の実(竜爪山) | トップページ | 城北公園のさくら »

2010年1月28日 (木)

久しぶりのお湿りで

001 久しぶりのおしめりといった感じで雨が降ってきた。

用事で行った十二双川の土手に早咲きの大島桜か、、、いや河津桜か、、うす赤い花が一厘、雨に打たれて咲いている。

気温も高く、氷雨っぽくにない雨なので風情があるが、、、これが寒さに震えるような気候だとまだ随分と違った感じを受けるのだろうなと思う。

.

004 2,001年、明石市で起きた花火大会の帰りに起きた事故で、責任者の一人だった元明石署副署長を起訴すべきとした検察審査会の議決を受けて、弁護士が検事役となって起訴することになった。と言う報道があった。

これまで何度も検察審議会の起訴相当という議決を受けながらその都度検察は不起訴相当として却下してきた。

これは、法律を市民の目線から見るという一連の法改正に基づいた結果であり、検察が不起訴相当とした法律家目線とは違うところにあるということであろう。

自分なりにこの事故を見ていても、部下や関係者が有罪判決を受けている中でその上司がお咎めなしと言うのは納得出来かねる。

この議決を受けて、神戸地検の次席検事は「不起訴相当と判断しているのでコメントできない」と言っているが、その裏には「やれるものならやってみな、、」と言った感じある。

もし、裁判で有罪になったら地検はどうこの始末を付けるのか見てみたい気がする。

|

« 光り輝く青木の実(竜爪山) | トップページ | 城北公園のさくら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47412460

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのお湿りで:

« 光り輝く青木の実(竜爪山) | トップページ | 城北公園のさくら »