« 草紅葉もあちこちに | トップページ | 春は足元に »

2010年1月18日 (月)

霜にも負けず

009 麻機農道からの下ってきたところで”踊り子草”の花を見つけた。

鳥の嘴みたいな花を一本の幹のぐるりにいくつも巻き付かせるようにして咲くところから踊り子の花笠に見立てて付けられたのは間違いないだろう。

この花は、桜の後に咲くものとばっかり思っていたが、こんなに早く咲くのはどうしたことだろう。

薄い紫ともピンクともつかない色合いの花と葉は、最近の霜にも負けていないようで、傷もなくいくつもが咲いていた。

.

005 一昨日、衛星テレビでW杯ジャンプ札幌大会を見ていた。ワールドカップとはいえ日本まで遠かったのか、それとも、オリンピックを間近に控えていたためか、ヨーロッパから主力選手が来ない中で、一本目のジャンプで葛西選手が135.5Mの大ジャンプ。次いで伊東選手が133Mと一,二位を占めた。

アナウンサーや解説者も舞い上がったような放送をしていたので期待をして最後まで見ていたが、結局は二本目に失敗した葛西は六位、そして、井東は三位となった。

本来なら、二流に近い外国選手を蹴散らすのかとも思わせただけに、解説の仕方にガッカリという感が強い。

このほかにもバンクーバーオリンピックの日本代表選手が出ており、栃本、竹内、岡部の各選手がいる中で、岡部39歳、葛西37歳と聞くと鍛えに鍛えてロートルが頑張っていると見るか、彼らをまだ主力選手にしなければならないジャンプ陣なのか、、、。

スポーツの世界でも流行り廃りがある中で、かってジャンプもお家芸の一つだったことがあるだけに、新陳代謝がないのは寂しいものがある。

.

政治の世界でもそうだが、いつまでも古いタイプの政治家が力を持っているようでは折角昨年夏の選挙で政権交代をさせた効果が半減しているようで寂しくなってしまうこのごろである。

|

« 草紅葉もあちこちに | トップページ | 春は足元に »

コメント

okeraさま

そうですか。ピンクのほうが珍しいのでしょうか。
私はこの色しか知らないので、、、、、。
麻機沼のトイレのある駐車場から真っ直ぐに上ったところにかなり沢山咲いていますので、狂い咲きではないようですよ。

投稿: オラケタル | 2010年1月19日 (火) 15時31分

ピンクのオドリコソウは珍しいですね。初めて知りました。赤、白、黄色のは見ましたが。それにしても早いですね。

投稿: okera | 2010年1月19日 (火) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47330320

この記事へのトラックバック一覧です: 霜にも負けず:

« 草紅葉もあちこちに | トップページ | 春は足元に »