« 雨に打たれて (flakeとdrop)  | トップページ | なにやらゆかし »

2010年2月27日 (土)

花韮一厘

042_2 .

花韮が一本スキッとした感じで立っている。

淡い青紫の入った白い花、六枚の花弁を精一杯広げて見せている姿は、この後次第に密集して咲かせるとまた別な印象がでてくるが、今日は一本、今年初めて見たせいか気品があるとか清楚とかが当てはまるような感じがしてならない。

名前の由来は、葉の形が似ているとか韮の匂いがするからと言うがそんなに似ていないし、匂いも感じない。

属も違うので命名者のとちりであろうか。ともあれ、遠い南アメリカが原産と言うこの花、すっかり定着して野山の花になりきっている。

.

雨上がりの暗い空ながら気温も高く、花大根や地縛りも咲き出して麻機の山は花一厘 花一厘と春が近づき、すっかり定着したのかも、、、、。

038 028

|

« 雨に打たれて (flakeとdrop)  | トップページ | なにやらゆかし »

コメント

tomokoさん
私も30数年前、雪深い飛騨から出てきたときに静岡に冬は無いと思いました。
面白いことに、市街地の西側から北にかけて連なる100m少しの山が風除けになっているらしく、この山の中腹が一番花の咲くのが早いようで、写真の花のほとんどがそうです。

投稿: オラケタル | 2010年2月28日 (日) 21時48分

おはようございます。
お邪魔するたびに、えっ! もう!
と、驚くばかりです。 岡山との気候のちがいに。
花にらも、鈴蘭水仙も。。。まだですよ!
一足先に春を楽しませていただいてます~~。

投稿: tomoko | 2010年2月28日 (日) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/47676596

この記事へのトラックバック一覧です: 花韮一厘:

« 雨に打たれて (flakeとdrop)  | トップページ | なにやらゆかし »