« 花に囲まれて | トップページ | 唱歌が嘘ついた »

2010年4月 5日 (月)

宿雨を含む

Img_0079 .

唐時代の詩人王維にいまの時期を詠った「田園楽」という詩がある。

.

桃紅復含宿雨 柳緑更帯春煙

桃はくれないにして また宿雨を含む 柳は緑にして 更に春煙をおぶ

花落家僮未掃 鶯啼山客猶眠

落ちた花を家僕は掃こうともしない 鶯が朝を告げても 私は床から出ようとしない 

.

午後にはいってようやく春雨がやみ、外に出る機会を失してしまった。

我が家から見る竜爪山の山頂も雲の帽子をかぶって煙っており、裾がもやっているのはまだ細かい雨が降っているためだろう。

海棠の花は、雨粒に纏いつかれて重たげに下を向いてうなだれている。「何もお前さんが悪いのではないよ」と慰めたくなるような風情で、、、。

今日は”清明”。万物が清々しく明るく美しくなる季節にはいる時期だという。

地上に百花が咲き競うともあるが、日本の政治の世界を見ると、また、自民党を飛び出した人々が新党を結成するとかで大騒ぎをしているさまも、この「清明」に関係しているのだろうか。

しかし、この人たちを見ていて感じるのは、清々しさを感じさせるものが全然ないといって過言でなく、明るく美しい未来もなく、ただ単に自分たちの意見が通らないからと言った”駄々っ子的”な感じしか受けないのは自分だけかな?

|

« 花に囲まれて | トップページ | 唱歌が嘘ついた »

コメント

やせたいねぇさん
うれしい評価ですが教養はありません。受け売りが多いのです。
自然の多い山中に生まれ育ってきましたが、そのときは花も木も生活に必要なもの以外知ろうともしませんでした。
しかし、仕事をやめてから好奇心が無くなると早く惚けると言うので、始めたブログです。
野草図鑑を買われたとのことですが、見ていると何処にあるのか、実際はどんな花か見てみたくなりませんか。

投稿: オラケタル | 2010年4月 6日 (火) 08時52分

オラケタルさんは教養有り過ぎ~sign03
元々勉強家でいらっしゃったんでしょうね。
植物の名前も「調べていることが多いんですよ」と謙遜しておられたけれど学べることいっぱいです。
触発されて『野草・雑草の図鑑』を買っちゃいました。
でも、まだ”単なる確認作業”段階で、”これが何の花なのか”を探し当てられるようになるのは大分先になりそうです。でもお陰で野山をウロつく楽しみが増しました。happy01

投稿: やせたいねえさん | 2010年4月 6日 (火) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48005585

この記事へのトラックバック一覧です: 宿雨を含む:

« 花に囲まれて | トップページ | 唱歌が嘘ついた »