« 宿雨を含む | トップページ | 雨後のたけのこ »

2010年4月 6日 (火)

唱歌が嘘ついた

Img_0055w .

いつも静かに花見をする場所がある。

赤と白 二本の桜の下に黄色い菜の花、そして白い大根の花と、、、何時行っても人の気配はない。

その下に腰掛けてしばらく眺めて帰るのが、ここ数年の行事の一つになっている。

これだけの花が咲いていれば、当然のことながら蝶々や蜜蜂が集まってきているが、最近不思議思っていたことのひとつに、蜜蜂はどちらの花にも(と言ってもすくないが、、)行き来しているのに蝶々は桜の花に近寄らない。

Img_0010 写真左、菜の花に飽いたんだけど、、、

小学校唱歌には、

ちょうちょう ちょうちょう/ 

菜の花にとまれ/ 

菜の花に飽いたら桜にとまれ/ 

桜の花のはなからはなへ、、、、、

と、唄っているのに

ひょっとして、蝶々は食わずぎらいなのだろうか?、桜の蜜は癖があるのだろうか?と

調べてみると、桜の花にはほとんど蜜がないので蝶々は桜に来ない。ということがわかった。

「うわぁ~小学校唱歌が嘘ついた」  ついでにこの歌の原曲はスペイン民謡だとされてきたが、これも、違うらしく元歌はどうやらドイツではないかとのこと、、、

これで、蝶々の行き場はますます無くなって来た。

.

今日 静岡は小学校の入学式。ぴかぴかのランドセルは、後ろから見るととても大きく見え、横にゆさゆさと揺れながら動いていく、母さんの心配をよそに、、

この子達の未来は、、と、考えてしまう。

今年、就職期を迎えた子らは、働き口が少なく卒業はしたものの、、、という人たちがかなりいるそうで、行き場の無い若者がまた増えてしまいそう。

景気の変動は、20年程前には予測も出来ないし、出来たとしても子供には責任がない。それこそ、事情は違うが30数年前に流行った、「生まれたときが悪いのか、、」出だしを持つ”昭和ブルース”と言う歌の世界の再現といったところ。

|

« 宿雨を含む | トップページ | 雨後のたけのこ »

コメント

tomokoさま
こんな景色のところで人に出会わないのはおかしいですよね。やはり、”酒なくて なんの己が桜かな”に似て、人がいなければ、、、と言う人が多いのでしょうか

”踏みしだく”は古語ですかね。霜柱を踏み潰すとき、乱暴に草を踏みにじるときなどに使ったものですが。

投稿: オラケタル | 2010年4月 6日 (火) 21時58分

おばさま
秘密の場所といっても、ここで大根や青菜を植えている人がいますので、この人が畑を放棄すればたちまち無くなってしまう世界です。

蝶々が桜の花に纏わりつかないのは前から不思議だな、と思ってはいたのですが、、、、。

投稿: オラケタル | 2010年4月 6日 (火) 21時51分

今晩は! ひとり占めなんて、贅沢なことですね!!!
先日の踏みしだく…を友人に訊ねてみました。70過ぎのお姉さんお一人は知っていましたが、もう一人は聞いたことはあるなあ~・・・? 程度。60前後の人は知りませんでした。
5~6人に聞いた結果です。農業に縁がなかったからでしょうか? 面白いですね。

投稿: tomoko | 2010年4月 6日 (火) 19時54分

秘密の場所を公開して、後悔しませんかcoldsweats01
学校で習うことは、全て正しいと信じていましたが
落とし穴がありました。
文部省のお役人さん 頑張れ~

投稿: おばさん | 2010年4月 6日 (火) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48014078

この記事へのトラックバック一覧です: 唱歌が嘘ついた:

« 宿雨を含む | トップページ | 雨後のたけのこ »