« いわばしる | トップページ | ひとり静かに? »

2010年4月27日 (火)

桜の波から抜け出して

118d .

今朝、最後の三畝にじゃが芋の種を植え付けたころから雨がポツポツと降りだした。

いかにも、「お前たちのために雨を降らすのを待ってやったのだから、早々に帰れ!」と、言わんばかりの空模様。

肥料や鍬の片付けを済ませて着替えをする。

昨日は、すっきりとした富士山を眺めながら静岡を出発。山梨県との国境の野辺山を下ると、信州は桜の花盛り、「あそこにあんな容をしたのが」「こっちはあんなに綺麗な色のが」と半ば桜見物をしながら、うきうきとした気分で走る。静岡から来ると三週間くらいのタイムスリップになるか。

目的地近くの立科町蟹久保公園では満開の桜の中に鯉のぼりを見かけた。風に煽られてひるがえる鯉のぼりが、桜の花を水泡に見立てると、急流を登ってきたかのように見えなくもなく、波をかき分け鯉のぼりが泳ぐ、というのは少し大げさかもしれないがそう見ると楽しい。

やっと、二~三日前にも雪が降り、二十六日にも霜が降りたとかで、咲き出していた白木蓮が茶色になってしまったと言っていた。

そんな中で、桜の花は全然気にもしないで、平然と花を咲かせている。

.

畑の中にプルーンの木が花を咲かせ、その周りを耕運機で耕し、畝を作り、肥料を撒いて種を植え付け、土をする。

外見はのどかな田園風景だが、鍬を持つのは半年ぶりになるだろうか。

使わない筋肉はすぐにきしみ、体力の衰えは息切れに出てきて30分もすると鍬に手をかけ立ち往生。

お茶を飲み、励ましを受けてまた作業に入るが、鍬に身体をあずける回数は次第に頻繁になってくる。

それでも、用意したじゃが芋20kgを植え終わったのは午後三時過ぎ。まだ、三畝残って居るものの、精も根も尽き果てて明日にと伸ばし、日帰り温泉”権現の湯”にくりだす。

午前中、靄の中にうっすら浮かんでいた浅間も見えず、夕陽ももやった雲の中。

.

今日の花。

左、リュウキンカ  右、水芭蕉 いずれも水辺の春の花  

014z 048q

|

« いわばしる | トップページ | ひとり静かに? »

コメント

おばさま
4月は例年になく天候不順で作柄がいまから危ぶまれていまして、私の植えたじゃが芋もどうなることやら、植えたすぐから心配しています。
じゃが芋の種の量、あちらの人たちからも呆れられています。「そんなに一杯どうするの?」と、、、。
収穫は私の弟と、地主である義弟とで分けます。私が一番分け前を取り、150から200kg。
それでも、最近になりますと底をついています。
じゃが芋が好きなんです。自家用だけで50kgは食べているでしょう。おかげでドイツ人ほどとは言いませんが、太ります。 

投稿: オラケタル | 2010年4月28日 (水) 22時26分

素敵なUPで本当に絵になっていますね。
さて じゃがいも20kgとは、驚きです。
我が家は10kgでも多いくらい。
知り合いにおすそ分けしますが、
この間 畑に行ったところ芽が
出ていないものもあり、
すこし掘ってみたら腐っていました。
ショックdown
りんご・プルーンともに枯れてしまい、先日
ブルベリーを植えました。ジャム作るように。
何年先になるのかなあ~

投稿: おばさん | 2010年4月28日 (水) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48200031

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の波から抜け出して:

» 静岡のエンジニアの求人 [転職求人]
静岡でのエンジニアの求人について分析してみたいと思います。エンジニアの仕事と言ってもかな [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 22時50分

« いわばしる | トップページ | ひとり静かに? »