« 着物の図柄に似たり | トップページ | この紋所が、、 »

2010年4月13日 (火)

アケビの花

Img_0095 .

007 静岡近辺では、今朝方までの雨が”花散らしの雨”だったようで、桜の淡い桃色が一気に消え若々しい黄緑色が急に目立ってきた。

「木の芽時」というのだろう。ここ数日、気温の変化が激しく、最高気温が連日10℃前後も変化し体調がついていかない人もいるようだ。

今日は、晴れ上がると言う予報のもと、麻機の農道をぐるっと一周してきた。

昨夜来の雨に、アケビの花も洗われてか新鮮味を帯びているように見える。

立ち木に掴まって伸び上がった蔓の先にはびっしりと言ってよいほどの花を下向きに咲かせている。この花が全て実をつけると大変なことになるのだが、よくしたものでほとんどがあだ花、、、、。

アケビを漢字で書くと木でもないのに”木通”と書くが、これは蔓を生薬に使うときの名前であり、和名のアケビは熟れた実が口を開けているさまからきたと言うらしい。

Img_0089 同じ仲間に、三つ葉アケビというのが有るが、ごく近縁の仲間らしく、同じ木に巻きついていることもあり、普通のアケビと交雑して五葉アケビという種類が有ると聞くがまだ見たことが無い。

と、言うより、アケビの実を採るとき葉が何枚か確かめていないので、、、、。

ちなみに、右の写真はムベというアケビの仲間。Photo

こちらは、よく似た実をつけるが口を開かない。

ムベというのはどういう字を書くか知らないが、天智天皇が近江の長生きの多い村で「汝らどうして長生きが多いのか」と尋ねたところ、ムベを食べている。と、言うので、天皇も食べてみたところ美味しかったところから「宣(ムベ)なるかな」と納得されたところから付けられたと言う。

この実の味は、ほのかに甘く種の多いところもアケビに似ている。

|

« 着物の図柄に似たり | トップページ | この紋所が、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48077359

この記事へのトラックバック一覧です: アケビの花:

« 着物の図柄に似たり | トップページ | この紋所が、、 »