« パラボラアンテナに似て | トップページ | 口ばしが黄色い »

2010年5月 7日 (金)

白いタツナミソウ

025 .

白いタツナミソウ。園芸種だとしたら珍しいものではないし、それとも、、、そうでないのかわからないが、この歳まで見たことが無いのだから珍しいものとしよう。

昨日、麻機の尾根道の脇の藪の中、シャガなど他の草の中に混じって咲いていた。園芸品種だとしたらこんなところになぜ種を蒔いたのだろうか。

名前の由来は、荒波の立つのに見立てて名付けられたそうだが、この白さはいかにも白波といったところ、ラッパ状の花の形は水中からスーッと伸び上がり花の先端のうつむき加減のとこは今にも崩れんとした波頭、、、。

念のため、葉を写して来て調べてみた。やはり、自然の中にもあるそうだ。

049karasu 今年は、白い花を良く見た。

白い蓮華の花や白いホトケノザに続いて、先日もやはり道端で白いカラスノエンドウと、特に探しているわけでもないのに、白いものに出会うのは何かの暗示だろうか。

年末になればそうだったのかと、思い当たるところがあるのかもしれない。

|

« パラボラアンテナに似て | トップページ | 口ばしが黄色い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48294956

この記事へのトラックバック一覧です: 白いタツナミソウ:

« パラボラアンテナに似て | トップページ | 口ばしが黄色い »