« 庭先ごめん と | トップページ | 聞けども見えず »

2010年5月21日 (金)

不動の滝で何とかシャワー

025a 午後になって、ぎりぎりだったが、気温が三十度になってしまった。またあの暑い夏が到来したのだ。

空が晴れており、空気も乾燥していたので、昨日のじめじめとした暑さよりは良かったが、まだ、身体のほうが慣れていない。

この暑さをしのぐには、散歩を兼ねて涼しいとこへ、とばかりに滝を見に行くことにした。

安倍川沿いの牛妻から西に入り、途中の広くなった道脇に車を止めた。滝見だけなら、もっと上流に四台ほど止められる駐車場があるのだが、そこからだと歩いて10分足らずで着いてしまうため、あえて、集落の入り口に止めて歩く。

最後の、駐車場からは川沿いの山道になり、ほの暗い谷沿いの杉林を歩けば「不動の滝」正面に出る。

026a 落差15mに満たない小さな滝だが、狭く暗い山あいに見せるその姿は以外に大きく高く見える。

昨日までの雨もあってか、今日の水量はいつもより多く、音にも重量感があって、いかにも滝と言う感じをさせながら落下している。

ちょうど、落ち口に日が差し込み、水が玉になって散らばり、自分の周りにミストとなってまとわりつく。

ここに来るまでかいた汗も、滝が落ちてくる風に吹かれ、心地よくなり傍のお堂で一休み。

フィットンチットだの、何とかシャワーだのを沢山浴びて帰ってきたが、家に着いた途端「元の木阿弥」

「暑いね」の連発。

|

« 庭先ごめん と | トップページ | 聞けども見えず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48419517

この記事へのトラックバック一覧です: 不動の滝で何とかシャワー:

« 庭先ごめん と | トップページ | 聞けども見えず »