« 据え膳食わぬは | トップページ | 荒法師が勢揃い »

2010年5月29日 (土)

泰山木の花咲いて

001 .

泰山木の花が強い香りを風に乗せて満開を告げてきた。

直径25センチにもなるかと言う真っ白い大きな花は、枝先に先端にあって空に向かって開ききっている。

木蓮科に属するだけあって朴の木の花に最も似ていて、本家木蓮や辛夷などと同じような白さと、傷つきやすい花びらをしているので、無傷の花の見ごろは短い。

泰山木は19世紀になって北アメリカから入ってきた植物だが、その名前の由来は花の容や大きくて固い葉、そして、こんもりとした大木の形から付けられたと言う説もある。

泰山とは中国の道教の聖地の一つで、国家の統一を天の神に報告する「封禅の儀式」が行われる山で、祭られている神は病気、寿命、死後の世界など、人の全般にかかわる神であり、秦の始皇帝もここを訪れて儀式を行なったそうだし、それ以降でも武帝、光武帝、高宗、玄宗など十数人が行っている。

その山の名を冠した木と言うことになると、なんだか尊い木とい気がし、漂ってくる匂いも有り難くなってしまう。

.

鳩山総理が普天間の基地移動に関して、成果のないまま自民党が合意していた内容に戻ったことで、大騒ぎになっているが、ここに到った経緯の中で言わでもがなのことを話しすぎた。

おかげで、彼の資質、人格にまでかなり傷がついたことと思う。

「大山鳴動して鼠一匹」と言うことわざがあるが、定めし社民党はそのうちの鼠だったのか。しかし、信念を貫いたのは当然と言えばそれまでだが、、、、

なにせ、ここで内閣に残って署名したのでは、村山内閣の自衛隊承認のときのように支持者に愛想をつかれるところだった。

そして、泰山が鳴動した後遺症は今後どんな形になって現れるのか、崩れることのないようにだけはして欲しいのだが、、、、。

.

今日は久しぶりに孫たちを呼び、夕食のご馳走をする。じいじは嬉しくて、普段の3倍もビールを飲み、、、、浮かれている。

泰山木。名前の由来に、大盃木から来たと言う説もあって、花の形を盃に見立ててつけたという。となれば、今夜の大酒は大盃のビールと言うことになるか、、、。

と、いっても、よく飲んで1,5リットルほど、むかしに比べれば物の数ではないのだが、、、

|

« 据え膳食わぬは | トップページ | 荒法師が勢揃い »

コメント

慶さん
じいじは少し飲みすぎました。
孫たちも、ソフトボールだ簿活だのと言ってこのごろはちっとも来ないのと、自分家で飲むと言う安心感。そして、「おひとつどうぞ」と取ってつけたようなしぐさでビールを傾けられると、、、、飲みすぎますね。

投稿: オラケタル | 2010年5月30日 (日) 15時27分

 泰山木の花、綺麗なものを見つけるのもなんですが、高い木の高いところに咲いているので、なかなか写真に撮るのは難しいですね。泰山木というと中国からはいってきたものとばかり思っていました。北アメリカからなんですか。大きさといい花の様子といい、高貴な感じがしますね。名前と様子が一致した花ですね。
 今晩はじいじに浸っているんですね。いい晩ですね。ちょっと寒いので、風邪に気をつけて下さいね(^_-)-☆

投稿: | 2010年5月30日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48486527

この記事へのトラックバック一覧です: 泰山木の花咲いて:

« 据え膳食わぬは | トップページ | 荒法師が勢揃い »