« 轟音をついて聞こえる | トップページ | シャンデリアに似て »

2010年6月14日 (月)

誰が付けたか「サムライ日本」

はがくれA .

小粒の花が一杯集まって

あじさい梅雨の花といえば真っ先に浮かぶのが紫陽花であり、人の身近に咲いていたため品種改良の名の下、数限りないほどの種類と名前が付けられている。

033b 一般に咲き出しは青でその後、紫がっかった赤に変化していくため、七変化するとも言われている。

名前の由来は、青い花が集まって咲くと言う意味で、アヅは集まるから、サイは真藍からきているそうで、基本は藍色で縁を飾るガクの中に細かい五弁の花が無数に咲いているさまは、大写しで見ると壮観である。

花言葉も、その七変化ぶりから「移り気」とか「ほらふき」と言うのがあり、自分は梅雨空のじめじめした空気を想像して、あまり好きな部類には入れていない。

.

「あきらめの悪い男」と言うのが褒め言葉になるとは知らなかった。

七年前に打ち上げられて小惑星「イトカワ」に着陸し資料を持ち帰ったのではないかと期待される探査機”はやぶさ”が昨夜地球に帰還したと言う記事が新聞の一面に踊っていた。

本来なら、三年半で帰還する予定だったものが、数々のトラブルで何度の帰還が危ぶまれる状況になったにもかかわらず、川口サンと言うリーダーがあきらめることなく執拗に回復の手立てを講じたことで、予定を大幅に上回ったものの、なんとか帰還させることに成功した。と、NHKの番組の中で解説した人が、そのとき言った言葉だった。

日本人は、一般に執念深いと言われることを嫌う風習がある。いい加減努力してみた上で「もはやこれまで、、、」と言ってあきらめ、その”潔さ良さ”を褒め称えてきた。

その根本には武士道、サムライ精神があるのではないがろうか。

サムライとは平安時代貴族に仕える人、”さぶらう(侍ふ)”と言うところから発しており、中世になって武器を持って闘う武士に当てはめられ、近世、世の中が落ち着くと幕藩体制を支える官僚へと変化し、何か事が起きたり、失敗すれば腹を切ることで責任を取る。

つまり、鍋島藩の”葉隠れ”にあるように「武士とは死ぬことと見つけたり」などといって潔く、、が強調されてきた。

サッカーにはあまり興味がないので、今夜も寝た後で日本とカメルーンの試合が始まり、未明に決着がつくそうだが、「サムライ日本」と誰が付けたか知らないけれど、この辺の事情を知ってのことだろうか。

いさぎよさで格好を付ける「サムライ日本」でなく「あきらめの悪い日本」であってほしいのだが、、。

それとも、先日も聞いたが、岡田監督に腹を切らせる「サムライ日本」になるのだろうか。

|

« 轟音をついて聞こえる | トップページ | シャンデリアに似て »

コメント

慶さん
紫陽花の花は確かに写しにくい花だと思います。近づいても離れても、、、、。
でも、これからの梅雨に打たれれば活気も戻り、生気を取り戻すでしょう。
サッカーを最後まで見ましたか、私はそんなに興味がないので、今朝の新聞ではじめて知ったのですが、さぞかし、眠い思いをした一日だったでしょうね。
少なくとも、もう2度はあるようですから、次の日の仕事に差し支えないよう自重してください。
日本人のさらっとした気質は、長年の儒教や仏教で植え付けられた教育や習慣のほか、草食が大きいと思います。
むかし、明治維新のころから肉料理を食べるようになったそうですが、「肉を食べると身体に精気が宿る」書いた本があるそうです。

投稿: オラケタル | 2010年6月15日 (火) 21時27分

紫陽花は七変化だからか、どうか、写真に思うようにおさまってくれません(>_<)今年は空梅雨なのか、しなびている紫陽花も見かけます。今日もなかなかの強い日差しですね。
 サムライジャパン、昨夜見ちゃいましたよ。怖いもの見たさに。いつも最後で逆転されていたんですが、昨夜は根性があったかな。どうしてもっていうんじゃないんですけどね、やっぱり気になって最後まではらはら見てました。これで、手のひらを返したようなマスコミの報道があるでしょうねとちょっと引いてますけどね。へそ曲がりだからね~。
 じめじめとした梅雨も必要なように、粘着質な気質も、日本人には必要なのかもしれませんね。最近じゃあストーカーなんて言われちゃいますけどね。ちなみに草食男子は肉食女子の半分の時間であきらめるのだとか。さらっとした気質はどこから来たんでしょうね。

投稿: | 2010年6月15日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48630308

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が付けたか「サムライ日本」:

« 轟音をついて聞こえる | トップページ | シャンデリアに似て »