« そして今日も | トップページ | 蛇の目傘の陰に潜む »

2010年7月21日 (水)

寄らば鋏むぞ

Img_0006.

一般にザリガニと言えばアメリカザリガニをさし、日本古来のザリガニは、北海道など北の地方で細々と暮らしているだけになった。

そして、このアメリカザリガニは雑食性で食欲旺盛なところから、棒の先に糸をつけするめでも縛り付ければ簡単につれるため、子供たちにとっては格好のおもちゃと化して人気がある。

今朝も、陸上に上がって食事した帰りなのか道端の草むらでがさごそしているのを見つけ、マイクならぬカメラを近づけてみた。

「御機嫌いかがですか?」と、すると「良いはず無い、あっちいけ」という。

そのうち、「うるさい これ以上近寄ると鋏でちょん切るぞ」と言いざま、威嚇してきた。水中ではすばやく後ろ向きにバックし泥の中に隠れるザリガニも地上ではからっきし融通が利かない。

それでも、あまりの必死さに「ハイ ハイ ハイ 分かりましたよ」、と、、つまんで水路に放り込んだが、これって、どうなんだろう。

.

今日も暑さにうだり、朝の散歩以外、暑中見舞いを書いて投函するため外に出たとき以外、ほとんど外に出ない家のなかに閉じこもっていた。

熊の冬眠と反対に、夏眠と言うものがあれば、、、

それでも、クーラーを効かせず、扇風機だけで耐え忍んでいるのは、いま流行のエコ思想ではなく、三十年とすこし前、自分同様雪国育ちの母親を連れてきて、この暑さをクーラー無しで耐えさせた贖罪感も少しあってのこと、、、、。

|

« そして今日も | トップページ | 蛇の目傘の陰に潜む »

コメント

アメリカザリガニは、サギ類にとってはごちそうのようですね。春先に落ちているフンを見ると、ほぼザリガニのみです。

いるところにはいるんですよね。
浮島ヶ原自然公園は、夏の間だとヨシが茂ってサギが降りてこられないためか、ザリガニの天国です。
もう、うじゃうじゃいます。これだけいると、トンボのヤゴなど他の水生生物が食べられてしまうので、来園者の子ども連れに釣ってもらっています。だいたい、お父さんが童心にかえって夢中になります(笑)

そういえば、皆さんが「最近はザリガニがいなくて…」と良く口にされますね。田んぼの水路にはうじゃうじゃいるんですけどねぇ。
ただ、「持って帰ってもママがダメっていうから、戻してもいいですか?」なんて言う子も結構いるので、あまりザリガニ釣りもしなくなったから、いる場所もそんなに知らなくなったのかなぁ、なんて思いました。
それともサギ類が増えて、食べ尽くされているんでしょうかね?田んぼの水路も巾が狭くなり、コンクリート化されて隠れる場所も無くなって、採り尽くされたとか…。

投稿: NOZO | 2010年7月26日 (月) 18時41分

慶さん
子供さんが獲ってくるので余計に目が行ったのではないでしょうか。
田んぼの水路を見ていると、結構いるように思うのですが、、、
それとも、飛騨にはいなくて、静岡に来て始めて目にした生き物ですから、前にはそんなにいたのでしょうか。
いなくなったとしたら、天敵でも、、、、?

投稿: オラケタル | 2010年7月22日 (木) 16時27分

おばさま
ガリガ二ですか。その土地によって少しづつ変わるのですね。
こちらでは、結構見ますよ。なかなか生命力が強い生き物ですから、、、、
慶さんのブログへのコメントの仕方はこの蘭に慶さんが書いていますのでそちらを参考にしてください。
私も以前に二度ほど失敗したことがあります。

投稿: オラケタル | 2010年7月22日 (木) 16時22分

ここでごめんなさい。
おば様へ
慶のところはコメント欄がちょっとわかりにくいかもしれないですね。記事の下にトラックバックの欄がありますがそれは無視して下のコメント欄に記入してください。名前だけでも入るはずです。コメント欄の記入が終わりましたら右の方の、「コメント」と書いてあるところをクリックしていただければ大丈夫です。間違えて会員コメントを押しても入るはずです。会員同士だと初めてでもアドレスを入力しなくてもリンクできるというだけです。お手数おかけします。

投稿: | 2010年7月22日 (木) 10時01分

オラケタルさんへ
 ザリガニ、息子がこれでもかっていうほど大小様々捕まえてきて、あらゆるものに水を汲んで飼っていたことがありましたが、顔をのぞかせると威嚇してくるし、息子は生き餌をやるので、どうも好きになれませんでした。そういえば昔はうじゃうじゃいたのに、最近は見ないですね。
 クーラーは上手にお使いくださいね。無理して家の中での熱中症とならないように。かくいう慶も首に保冷剤をまきつけタオルで汗をぬぐいながらですけど、暑い中自転車通勤している事もあって、汗腺は開いているらしく、人がいうほど暑くは感じないです。でも、スーパーなどは冷え切っているので、上着は必ず持っていきます。

投稿: | 2010年7月22日 (木) 09時56分

ガリガニ  昔は田圃に多くいましたが
最近は少なくなったように思います cancer
小さくても、威嚇する姿は正に雄姿ですね。
彼らも生きる術を心得ているんでしょうね。

慶様のところ コメント会員・コメント
どのようにしたら、繋がりますか。
教えてくださいませcoldsweats01

投稿: おばさん | 2010年7月21日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48935912

この記事へのトラックバック一覧です: 寄らば鋏むぞ:

« そして今日も | トップページ | 蛇の目傘の陰に潜む »