« 格言ははずれた | トップページ | 久しぶりねって »

2010年7月17日 (土)

金剛力士に見下ろされ

042 .

「梅雨明け」気象庁が言う前に確信したね。

紀貫之の歌に「夏の夜の 臥すかとすれば ほととぎす 鳴くひと声に 明るく東雲(しののめ)」というのがあったが、朝早くから、裏の川にカルガモがやってきて大きな声でグァグァと鳴く。

四時を過ぎれば明るくなり、東雲といわれる時間帯。時計の無い鴨たちにとっては朝食の時間なのだろうが、、、、、それにしても騒がしい。

むかしなら、あまり騒いでは人間に狙われたのだろうが、鴨たちにとって幾世代も人間に狙われたことも無く、岸辺の人間は餌をばらまく動物にしか見えず、すっかり警戒心をなくしている。

その声に、誘われ早朝散歩に出てみれば、空の色は澄み切り、刷毛でなでたような高層雲があちこちに、、、これを見て、思わず梅雨明け宣言を出してしまった。

しかし、気持ちよかったのは朝のうちだけ、次第に入道雲が増えてきて、なんだか、お寺の仁王門にいる金剛力士のような入道雲が此方を見下ろしていた。

.

002_2 .

散歩の途中に見つけた昆虫。

飛び方が少しぎこちないような感じの蜻蛉を見つけた。朝のうちだったので羽化したばかりの蜻蛉かと思ってみていたが、そのうち、触角が見えてきた。

「あれっ トンボに触覚があったっけ、、、、?」一瞬考えたのち、慌てて写真に収めようとしたが、慌てているときは難しいもので、焦点も合わず触覚がはっきり写っていたのは僅かだけ、、。

かえって、「トンボ図鑑」をみたが、触覚のある蜻蛉はいない。ようやくにして探り当てた名前は「ツノトンボ」である。

一時は新種かともおもっていたが、結構いるんだって。形はトンボの良く似ているがカゲロウの仲間で、同じ仲間のヘビトンボはいかにもカゲロウと分かるが、これほどトンボに似ているとわからない。

蛇などに、毒蛇をそっくり真似た色をしているものがいると聞いたが、これも、トンボに似せることによってなにか御利益があるのだろうな、、、、、。

|

« 格言ははずれた | トップページ | 久しぶりねって »

コメント

慶さん
そういえばそうでしたね。むかし蜻蛉日記と言う平安時代読み物を授業で受けた覚えがあります。そのときは何の違和感も無かったのでしたが、わすれていました。
私も、写すときにはなんか変だなって気がしただけでしたが、引き伸ばしてから触覚の不思議さに改めて気付いたしだいです。
いままでは、見ていてもただ、「トンボがいる」としか、感じていなったのでしょうね。

投稿: オラケタル | 2010年7月19日 (月) 22時14分

めずらしい蜻蛉いや、蜻蛉でしたね。あれ、トンボもカゲロウも同じ漢字に変換されるんだ!なんだかややこしい。もっとも見た目、とんぼもかげろうも大差ないですけど。なんていったら怒られるかしら。それにしてもツノ?触角?があるなんてびっくりです。しかもそう、珍しくもないなんて聞くと見逃しているものがなんて多いものかとびっくりします。

投稿: | 2010年7月19日 (月) 11時41分

まんぼさま
ホウネンエビの件、見ることが出来ませんでしたか残念でしたね。
ほかの人も書いていましたが、田んぼをやっている人でもなかなか見られないようですから、、、、
私も麻機のほうの田んぼは注意してみていたのですが、ついぞ、、、、。まさか、住宅に囲まれた千代田の田んぼは想像していませんでした。
来年は見られるといいですね。

投稿: オラケタル | 2010年7月18日 (日) 22時10分

梅雨あけ、確信しましたよね(笑
といっても、来週いっぱいくらい、名残がありそうですが。。。
先日の豊年エビの件。
すぐにいってみましたが、ついてすぐさま激しい雨にやられてしまい、ついぞ見れませんでした。
来年こそはきっと・・・!

投稿: まんぼ | 2010年7月17日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48898398

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛力士に見下ろされ:

« 格言ははずれた | トップページ | 久しぶりねって »