« 蛇の目傘の陰に潜む | トップページ | 今宵は月も、、、 »

2010年7月23日 (金)

谷津山から見たガンダム

007 .

蚊にまとい付かれ、刺されしながら久しぶりに、愛宕山から谷津山への道をたどり、清水さんまで行こうと思ったが、暑さに負けて途中から山を降りて戻った。

道周りの、薄暗い藪の中に、その名も”藪茗荷”が白い花を咲かせている。

008 透きとおったような、五弁の花びらと先端が少しだけ黄色い雄しべを立てて、ひっそりと遠慮気味に咲かせている。

名前に、茗荷と付くが、葉が似ているために付けられたようで、茗荷とは全然縁のない露草の仲間だと言う。

秋になれば、黒い丸い実を一杯つけるが、そのときはいかにも堂々として見えるのは、人生経験ならぬ、、、、。

020 .

我々が子供の頃と言えば、太平洋戦争末期から朝鮮戦争のころで、日本は食料をはじめ何もかも無い無い尽くしの国であった。

そんな時代だから、雑誌や絵本のなく、戦前の古い本をまわし読みをするくらいが精一杯の時代で、漫画のヒーローなんてありえない時代であった。(一世代前はノラクロ?)

そんな漫画がアニメと名を変えたのは、テレビが普及してからのことである。

そして、アニメの主人公は自分の子供や孫が夢中になった時期に一緒に見させられて覚えたもので、その主人公が何かの折に見かけるとあの頃のことが思い浮かぶ、、、。

アンパンマンやサザエさんみたいな長寿番組ではそういうことも無いが、娘たちの頃は「ムーミン」「アルプスの少女 ハイジ」や「みつばちハッチ」などであり、孫の時代になって一緒に見たのは「星の子カービー」「とっとこ ハムタロウ」「デジモン」などがあったが、その間のアニメはほとんど見ていないので分からない。

しかし、今回東静岡駅のそばにたてられた、、、、なんだっけ、、、、そうそう、「ガンダム」という大きなロボット像は現在30代男性に非常に人気があるそうで、早くも経済効果が何億円とか言われているらしい。

なんでも、高さが18mもあるとかで、実物大の大きさだと言うが、、、、散歩に行った谷津山からは、夏の陽気で霞みがかかった状態のうえ、色が灰色っぽく傍の建物に同化して分かりにくかった。

そして、足元は手前の木に遮られて見えないが、傍の建物の三~四階の高さしかないので迫力にかける。そばで仰ぎ見ればまた違った感想を持つかもしれないが、場所の選定を誤ったかも、、、、。

どんなアニメなのか全然知らないが、このガンダムに対抗するには同じくらいの相手が必要なのだろうけど、これらが暴れて取っ組み合いを演じても、ゴジラのように高圧線を切り、東京タワーを倒すほどの威力は無いだろうな。と言うのが初見参の感想である。 

|

« 蛇の目傘の陰に潜む | トップページ | 今宵は月も、、、 »

コメント

mozoさま
詳しく教えていただきありがとうございました。

投稿: オラケタル | 2010年7月26日 (月) 22時05分

では、ガンダム世代の30代男性が解説を。
(正確には、このガンダム(初代ガンダムと呼ばれます)をリアルタイムで見ていたのは、30代後半から40代です。自分は、その次の「Zガンダム」「ZZガンダム」の世代ですが)

ガンダムっていうのは、実は子ども向けのアニメじゃないんですよ。「正義の味方のロボット」ではなくて、あくまでも「兵器」なんです。勧善懲悪ではなくて、あくまでも戦争の話。思想の違いで味方が敵に寝返ったり、主人公が精神崩壊を起こしちゃったりするんですよね。そこのリアリティを求めたので、放映当時はさっぱり視聴率が伸びず、打ち切りにすらなっています。
ただ、そのリアリティさに30代後半から40代が中高生の頃おもしろいと思って映画化されたり、続編が続々と作られたりしました。

ですので、「夏の陽気で霞みがかかった状態のうえ、色が灰色っぽく傍の建物に同化して」というのが「リアリティ」としては最高なのかもしれませんね。ビルの陰から様子を伺う、なんてシーンもありますしね。お撮りになった写真は、ファンにとっては「いい写真」だと思いますよ。

あくまでも白兵戦用の兵器だし、そもそも宇宙空間での話なので、あのサイズなんですよ。
あれ以上大きいと現実感がないですからね。
とっくみあいの戦争用具なんです。
「高圧線を切り、東京タワーを倒す」のは、現実の戦争と同様にミサイルの役目なんですよ。劇中でも。

だから、慶さんのおっしゃるように穴場スポットになるんじゃないでしょうか。

ヤブミョウガの花、おしべを見ると、あぁツユクサの仲間だなぁといつも思います。

投稿: NOZO | 2010年7月26日 (月) 18時28分

慶さん
早くも夏バテがはじまって谷津山縦走さえ難しくなってしまいました。
アニメは子供や孫の子守をしながら見ているので、そのときの主人公が印象として残りますね。
そのため、ガンダムははずれ、たしか、マジンガーZの流れでしょが、、、。
アンパンマンは、最近見ています。ほかの局で見たい番組が無いのも一因です。

投稿: オラケタル | 2010年7月24日 (土) 22時17分

 ガンダムは慶もちょっとよくわかりません。作っている途中でも、国1の東静岡駅近くなると、皆見てましたよ。まあ、慶もちょいとみましたけど、近くに寄るとかなりの迫力かもしれないです。実物大っていうのがいいらしいですね。慶は鉄腕アトムかしら?おばQなんてのもあったなあ。でもかなり遠い昔で、今の子供にも人気のアンパンマンならついていけるかな?孫もアンパンマン、好きですよ。自分に似てるしね(^_-)-☆
 ヤブミョウガの花ってなかなかいいですよね。そういえば谷津山の裏にもいっぱいあったけれど、見に行かなくっちゃ!谷津山からガンダムが見えるっていうのは、かなりの穴場で、スポットになるかもしれないですよ~。

投稿: | 2010年7月24日 (土) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48953995

この記事へのトラックバック一覧です: 谷津山から見たガンダム:

« 蛇の目傘の陰に潜む | トップページ | 今宵は月も、、、 »