« 複雑な空模様のした | トップページ | 格言ははずれた »

2010年7月15日 (木)

暖簾をかきわけて

025 .

一番初めに憶えたのは朝顔であった。育てやすい花で、種を蒔けば後は水遣りだけで育つため、小学校の低学年の植物観察に適している。

そのうちに、よく似た花で”昼顔”と言う名があることを知ったのは、かなり遅く中学になってからのことだったか、それまで、野生の朝顔だと思っていたかもしれない。

そして、夕顔が出てきて、夜顔(ヨルガオ)が出るに及んで「なんだ、朝、昼、晩と一日中 咲くのか」と思ってしまった。

いま、野っぱらのあちこちで夕顔が咲いている。朝顔のように花の色は幾種類も無く、桃色一色で、、。

026 .

一日花なので、咲いてはしぼみ咲いてはしぼむの繰り返しながらも、種は作らない。自分で茂らせた葉っぱの影で静かに花開かせている。

繁殖は深いところで地下茎が縦横に走っているため、一度生えたら絶やすのが大変なのだが、、、。この特徴を花言葉にしたのか「絆」と言うそうだ。

そんな花なのに、蜜はあると見えて今日もセセリ蝶が覗き込んでいる。ちょうど、酔っ払いが暖簾をかき分けて「やってるぅ~」ってな調子。

|

« 複雑な空模様のした | トップページ | 格言ははずれた »

コメント

慶さん
一杯飲んで真っ赤ならぬ、花粉をつけて出てくるのを待っていたのですが、逃げ足のすばやいこと、ひょっとしたら飲み逃げ?
セセリチョウの前にチャバネが付く種類なのだけど、ゴキブリにもいたのでやめました。
それと、ヨルガオは、夕顔より小さくて花びらに光沢があり、真っ白なのです。ややこしややこし

投稿: オラケタル | 2010年7月16日 (金) 16時30分

そういえばセセリ蝶は芙蓉の花などにも思いっきり体ごとはまって蜜を思いっきり吸っていますね。
昼顔や夜顔ってピンク一色ですね。間の夕顔ってのが白でややこしい~。酔っ払いが暖簾をくぐってか、くぐって酔っぱらって出てきたか…、どちらにしてもセセリの顔が思い浮かんじゃいます(^_-)-☆
昨日麻機沼遊水地に行ってきました。たぶんチョウトンボと思う蜻蛉がいました。またまた事後承諾でリンクさせていただきました。もし、チョウトンボでなかったらご指摘くださいね。

投稿: | 2010年7月16日 (金) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/48885469

この記事へのトラックバック一覧です: 暖簾をかきわけて:

« 複雑な空模様のした | トップページ | 格言ははずれた »