« あなたに あなたに逢いたくて | トップページ | 触らぬ仙人に祟りなし »

2010年8月31日 (火)

毒を感じさせない沢桔梗

032 .

昨日でかけた小田貫湿原の一方の雄は、沢桔梗。

濃い紫の花を高く掲げて咲いている。背丈は、1㍍は優に超しているが、木道に沿って咲いているため、目の高さにするには屈まないといけない。

035 花の大きさは2センチくらいはあり、幾つもが縦に連なっている。そして、一見したところ、雄しべらしきものが広げた花びらから一本突き出しているが雌しべが見当たらない変なかっこうをしている。

この草はかなりの強い毒をもっていて、横溝正史が「悪魔の手毬歌」と言う小説の中でこの毒で殺人が行われことにしているくらい、有名な毒草である。

しかし、暑い夏の終わりに咲く爽やかな感じから、その毒性は微塵も感じさせないから、なおのこと怖い。

.

昨日から静岡市の小学校では、二学期も始まり学校にまた活気が戻ってきた。

それに合わせるかのように、城北小学校の周りの木からあれほどかすまびしかった蝉の声が消えてしまい、かわりに草むらから虫の声が聞こえてきた。

気温的には、まだまだ真夏日が続くとテレビのお天気姉さんが舌っ足らずの声で説明していたが、蝉のほうはいっせいに務めを終え退場した模様だ。

一般に、日本人は虫が好きな国民だといい。西洋人はトンボを悪魔の化身だの、蝉や虫の声は雑音にしか聞こえていないといわれている。

たしかに、クマゼミの鳴き声(?)などは近くで聞くと、職業性難聴の自分でも耳が痛くなるような音を感じるが、庭のこおろぎの声などには、哀愁を感じるのは、胴長短足とともに、純日本人である証拠のようなもの。

.

|

« あなたに あなたに逢いたくて | トップページ | 触らぬ仙人に祟りなし »

コメント

慶さん
小田貫湿原は行って見ると「なあんだ」と思うくらい小さな湿原ですが、ほかの湿原と違うのはまず人が少ないことです。
田貫湖の駐車場から、少し元に戻って左の細い道に入って500mほど北に行くと30台ほど停まれる未舗装の駐車場がありますので、そこに車を止めて入っていったところです。
いまの時期、その先の陣場の滝を合わせてみると涼しいこと間違いなし、隠れた名所です。

投稿: オラケタル | 2010年9月 2日 (木) 09時08分

沢桔梗、眼にも鮮やかな綺麗な色ですね。そうなんですか、毒草なんですか。花の写真を拡大して拝見しましたが、花びらも面白い形だし、シベも不思議な感じ。毒草と思ってみるせいか、その形が毒草に見えてくるから不思議です。田貫湖に遊戯施設があった時には子どもを連れてよく行きました。湿原は湖のところですか?遊歩道があって、一度歩いてみましたが、途中で水につかってしまっていて、引き返したことがありますが、写真で見ると違うようにも思います。有名な湿原まで行かなくても、割と近くにあちこち湿原はあるんですね。

投稿: | 2010年8月31日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49305545

この記事へのトラックバック一覧です: 毒を感じさせない沢桔梗:

« あなたに あなたに逢いたくて | トップページ | 触らぬ仙人に祟りなし »