« シードバンクで蘇える | トップページ | 虹立ち昇る朝の、、 »

2010年8月 4日 (水)

黄色い蜜食べた

063 .

昨夜、久しぶりに知り合いの夫婦と居酒屋に出かけ暑気払いをかねて遅くまで飲み、かつ、食べた。

その暑気払いが効いたのか、午前中は晴れ上がった空ながら過ごしやすかった。と、思っていたが、地面や草花は夜露以上に濡れていて、雨が降ったことを知らせていた。

むかし、#赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べた、、、と言う童謡があったが、その伝で行くと、この豹紋蝶は黄色い花の蜜を吸ったからに違いない。

明るいお日様に照らされて光り輝くような黄色コスモス。その反射光をうけて、ますます黄色に輝くヒョウモンチョウ、、、。

長い茎が風に揺られて ゆ~らゆら

.

先日東京で111歳の男性では最年長のお年寄りが、実は40年ほど前の亡くなっているのが分かった。

ついで、女性の最高齢者と思われていた人が、所在不明と言うことがわかり、その後も各地でも所在が分からない老人が続々とでてきた。

戸籍制度という世界に類の無い制度を誇ってきた日本でこんなことあがるとは想像できなかった。

以前にも、亡くなったが葬式を出せなかったので、、と言うのもあったが、今回の話の中では、なんらかの関係で行方不明の届出をされていた人もいるし、家族間で誰かが面倒を見ているのではないかと責任を転嫁しているようにも取れるものがあり、家族制度の崩壊も見て取れる話もある。

むかし話に浦島太郎は、竜宮城に行って、帰ってくると人間界では300年経っていて、見知らぬ人ばかりになっていたというのがあったが、先日東京で分かった高齢者は、いままでどおりのままでいたら戸籍の上や住民票の上ではいつまでも死ぬと言うこがなく、200歳にも300歳になっていたかもしれない。

役所のほうでは、いつもどおり謝罪していたけど、今どきは100歳も珍しくないらしく、以前のように知事、市長らが高齢者のお祝いに行かなくなってしまって、「ごくつぶし」扱いになってしまったのか。

お笑いだね、腹を抱えているだけじゃすまないのだけど、、。

|

« シードバンクで蘇える | トップページ | 虹立ち昇る朝の、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49056266

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い蜜食べた:

« シードバンクで蘇える | トップページ | 虹立ち昇る朝の、、 »