« 赤くなるのは | トップページ | ダンディー »

2010年9月27日 (月)

彼岸花を眺めに

013 .利倉神社脇の堤防

昨日通りかかった長尾川沿いの彼岸花、今を盛りと咲いていたので、流通センターから山越えで瀬名に降り、長尾川沿い降るコースを歩く。

高砂百合も咲いて                   紅白取り混ぜての彼岸花

018 032 050q 041q

東校のグラウンド裏に咲く          玉スダレもひそやかに

|

« 赤くなるのは | トップページ | ダンディー »

コメント

慶さん
歩き出すと止まらなくなってしまうと言うことありませんか。
散歩は、決まったコース、決った時間と言う人もいますが、私の場合足の向くままですので、事前には何も決めていません。
流通センター奥のごみ焼却場の脇を登り出して引き返そうかと思ったのですが、ここまで来たら同じかと思い戻るよりも、と瀬名のほうに降りてしまいました。
この時期だけの彼岸花、写すとなると結構難しい花ですね。毎年写していながら今年も、、、というのは、桜に似たところがあります。

投稿: オラケタル | 2010年9月30日 (木) 21時18分

見事な彼岸花ですね。圧巻です。それにしても相変わらず健脚でらっしゃいますね。流通からの山越えって結構距離もありますよね。
種では増えないという彼岸花ですが、どうやって広がっていくのかとっても不思議です。今まで何もなかったように見える場所に、ある日突然姿を現す彼岸花。時々どうしてこんなところから顔を出すのかと思うようなところから炎のような花が凛と顔を出すと、その力強さに圧倒されることがあります。決して恵まれていないような土地に…。

投稿: | 2010年9月29日 (水) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49580478

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花を眺めに:

« 赤くなるのは | トップページ | ダンディー »