« 触らぬ仙人に祟りなし | トップページ | 実は目立つのだけど »

2010年9月 2日 (木)

雨乞いの祈祷でも

029m .朝顔とマメアサガオ

道端の草むらの中に、朝顔の花が幾種類か咲いている。

人間に遺伝子をいろいろと弄くられてきた割には生命力が強く、野の花の混じって引けを取らずに花咲かせている。

052 白い花がマメアサガオ、紫の花がホシアサガオ

そして、遅ればせながら、野生の朝顔、マメアサガオやホシアサガオもそばで、彩りを添え始めてきた。

マメアサガオが白い花を咲かせ、ホシアサガオが紫色の花を咲かせることを知ったのは仕事をやめて

野の花に興味を持ってからのこと、それ以前は同じ野生のアサガオで、色違いだとしか思っていなかった。ひとつの茎に交じり合って咲かないこと、オシロイバナのようにいろんな色が無いことに興味が無かった事もあってのことだが、隣り合わせに咲いていても交配しないのは、同じサツマイモ属であっても、かなり離れている証拠なのだろう。

ともあれ、背丈を越す雑草に掴まり、よじ登って秋の花を誇示することになる。

.

宮沢賢治がその代表作と言える「アメニモマケズ」の最後のほうに

ヒデリノトキニハ ナミダヲナガシ

サムサノナツニハ オロオロアルキ

と書いているが、今年の夏の暑さはかなり異常のようで、熱中症で病院に搬送された人が四万人をを越え、亡くなった人は四百人を超えたそうだ。

一ヶ月ほどの間にこれほど被害が出たと言うことは、昨年から今年初めにかけて大騒ぎした新型インフルエンザをはるかに超す被害者が出たことになる。

そのわりに、世間が騒がないのは伝染しないと言うことに尽きるのだが、被害者のほとんどが年寄りであり、クーラーも付けられない弱者で声が上げられない人々だと言うことだとしたら、先日来話題になっている年寄りの所在不明に相通じるところがあるような気がしてしようがない。

それにしても、雨が降らない。庭の鉢に入れた草木もかなり駄目になった。水遣りはしているのだが、この暑さで鉢が暑くなりすぎているからに違いない。

むかし、九月一日は立春から数えて二百十日にあたり、台風が来る日だと聞き、その日が無事に収まるようにと願ってきたが、戦後になってもう十日遅い二百二十日のほうが台風が来るといわれ、伊勢湾台風を初め何千人と言う人が亡くなるような台風が上陸した。

そして、お天気姉さんは、この先十日以上高気圧が日本の上空から去れないで暑さが続くというが、この辺で雨乞いの祈祷してみる必要がありそうだ。

|

« 触らぬ仙人に祟りなし | トップページ | 実は目立つのだけど »

コメント

おばさま
月下美人の育て方は私の自己流ですから、あまり信用しないでくださいよ。
むかしからあったことなのかも知れませんが、なんだか世の中世知辛くなってきたようで、、、
自然のほうも暑いわけですね、、、秋よこい 早く来い

投稿: オラケタル | 2010年9月 3日 (金) 21時39分

過日は月下美人の育て方感謝いたします。
今年は駄目でも、来年に期待して。

お年寄りの生存未確認
年金を不正請求したりと、本当に世の中
どうなっているんでしょうか。
代表選挙・・・おいおい 国民不在にしないでよ。
せちがない世の中に比べ、自然界は素直で美しい。
季節になれば暑くても花は咲き、小鳥は飛ぶ
良いなぁ。

投稿: おばさん | 2010年9月 2日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49326401

この記事へのトラックバック一覧です: 雨乞いの祈祷でも:

« 触らぬ仙人に祟りなし | トップページ | 実は目立つのだけど »