« ばらばらに咲く花(大毛蓼) | トップページ | 天と地ほどの開き »

2010年9月15日 (水)

冬の花も咲きだして

010 .

今朝方の激しい雨で、気温もぐっと下がり、連日の真夏日も今日は一気に四度ほど下がって26度くらいにまでなったそうだ。

そして、それを敏感にさとったかのように、茶の花が咲き出していた。まだ残った雨にぬれて白い花びらや、葉にしずくを付け透き通ったような色合いの白い花である。

008  大きさは2cmと少しはありそう。椿の仲間だけあって花の形は良く似ていて、黄色い雄しべを際立たせている。

この花は、秋から冬にかけて咲き出し、春先 新芽の出るすこし前に終わる花期の長い花だが此方にいると冬の花と感じている。

そこに、オオスカシバが蜜を求めて花の間を巡り歩く、、、、ハチドリに似て空中ををホバーリングしながら長い口吻を差し伸べて雄しべの間の深いところにある蜜を探る。

花にとっては、花粉に触ることも無いので蜜泥棒と言った感じがするだろうが、鷹揚に構えている。

.

管首相再選を見込んで、円高が更に加速し6年ぶりとかで、政府が介入したそうだ。

今回は、各国協調の介入でなく、日本単独の介入となったのは、アメリカ、ヨーロッパともに国も経済の不振があって、自国の通貨が低いほうが良いということから、円高誘導には参加しないという、見通しで行ったのだろう。

一国だけで、世界の通貨レートを動かすと言うのは無理があり、その効果はどれだけ持続するか分からず、再介入を続けられるかどうかが危ぶまれている。

それでも、介入したのは経済界へのサービスだったのか、、、、もっと円高を有利に進める策を考える時期なのではないだろうか。

経済界にまったくの素人の考え

|

« ばらばらに咲く花(大毛蓼) | トップページ | 天と地ほどの開き »

コメント

おばさま
咲き始めているのではないでしょうか。
お茶畑の中のコンニャクイモ、よく植えてありますね。
肥料が良いのでしょうか。それとも、水はけの良い土壌が良いのでしょうか。
今日は更に涼しくなりましたが、今度は風邪に注意してください。

投稿: オラケタル | 2010年9月16日 (木) 22時26分

確かに今朝は涼しかったですね。
我が家ではお茶も自家製ですが、
花がさいているのかな~。
コンニャクイモの葉が枯れてきたことには
気づきましたが・・・・・。
なぜか茶畑の中に、コンニャクを植えます。
注意力散漫down

投稿: おばさん | 2010年9月15日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49455604

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の花も咲きだして:

« ばらばらに咲く花(大毛蓼) | トップページ | 天と地ほどの開き »