« 十月桜 | トップページ | 麓の椎の実は »

2010年10月25日 (月)

陶器のような色合いで

014 雨上がりの野葡萄にヤマトシジミがじぃっと掴まっていたが、、、蜜はないはず.

昨夜来の小糠雨が朝まで残り、草の先端に雨粒を沢山つけていた。

そうしたなかで、野葡萄の実が青から紫にそして暗い藍色に染まってきた。

026 .

葡萄の仲間だと言うが、房になって垂れ下がると言うことはなく、蔓の上に店を広げたように並べ立てている。

さすがの自分もこの実には食欲が湧かなくて、味見をしたことがないが、鳥には人気?があるらしく、ある年突然と言った具合に蔓を延ばし始めるのは、鳥に運んでもらったとしか思えない。

とにかく、熟れた実は陶器のような色合いをしていて綺麗なものだが、枝ごと摘んでくるとすぐにしなびてしまう。

蓮華同様、「やはり野に置け、、、」の代表だろう。

.

今日は、曇り空ながら気温が高く29度まで上がった。

これは、奄美に大雨をもたらした前線が北上して、洋上の熱い気流が流れ込んだせいだと放送していた。

それにしても、奄美の大雨はすごいものだったらしい。背丈を越す濁流や崩壊の中でよくあれだけの犠牲で済んだものだと思う。

自分は、これまで幸いにして大きな自然災害に出っくわしたことがないので分からないが、天城峠でワイパーをフルに動かしても前方が見えないほどの降りに出会ったことがあるがあのくらいの雨が長時間続いたのだろうと想像している。

とにかく、自然と言うものは均一にと言うことがなく、いつ何処で観測史上最大と言った災害に逢わないとはいえない。

そして、予想されている東海地震も南海沿いに連動すれば、、、、くわばら くわばらというしかないのだが、、、心の準備はなにもできていない。

|

« 十月桜 | トップページ | 麓の椎の実は »

コメント

tomokoさま
こんな色の陶器の玉があったら土産の買いましょうか。
自然の作り物とはいえ、綺麗なものです。

青の大雨は、夏のことでしょうか?
馬の背を分けると言うように、私も道路の半分だけぬれいるのを見たことがあります。
しかし、ワイパーをフルに動かしても前方が見えない振り方は、道肩に駐車していましたが、対向車がぶつからないかとか、道肩が壊れないかといろいろ心配したものです。
さいわい、20分ほどで止みましたが、降っている時はいつや止むのか分かりませんし、、、、

投稿: オラケタル | 2010年10月26日 (火) 21時57分

おばさま

こんな綺麗な実の色。たぶん、鳥には食べごろを教えているのでしょうか。
青色はまずい、紫はもうちょっと待って、黒ははいどうぞっていう風に、、

投稿: オラケタル | 2010年10月26日 (火) 21時49分

野葡萄の実にはいつも魅了されます。自然からの宝石にも勝る贈り物ですね。
そして、オラケタルさんのおっしゃるような大雨に
過去1度だけ出合いました。岡山市内の西の方でした。
1時間あまりして我が家に帰りつきましたが、ほとんど雨の降った形跡がなくて驚いたものでした。

投稿: tomoko | 2010年10月26日 (火) 07時57分

作り物のように見えます。
本当に陶器のようですね。
色合いが落ち着いて、心が和みます。

奄美の方々は、お気の毒の一言。
早い復興をお祈りいたします。
降らなくても困るし、必要以上も困ります。

投稿: おばさん | 2010年10月25日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49845314

この記事へのトラックバック一覧です: 陶器のような色合いで:

« 十月桜 | トップページ | 麓の椎の実は »