« ハゼランって | トップページ | 内山峡のコスモスは遅かった »

2010年10月 5日 (火)

荒地を好む箒菊

057 .

ちかごろホウキギクが目立ってきているような気がする。

花が小さな割には草丈は、1mを越し、細かく枝分かれした先端に、入れ替わり立ち替わり花を咲かせている。

062 .

ホウキギクは箒菊と書くのは、この枝別れの格好が、アカザ科のホオキグサに似ているから付けられたようだが、自分は、花後の小さな羽根毛の格好からきているものとばかり思っていた。

図鑑では荒地に多く咲くと書いてあったが、これが目立つと言うことは耕作放棄地や遊水地工事、第二東名取り付け道路などで、麻機全体が荒地になってしまったということかもしれない。

ともあれ、小さな花をよく見れば菊が語尾につくだけあって綺麗な形をしている。分類上いくつかのホウキギクがあるが、細かいことは学者に任せて、、、、、

.

いま、名古屋市と九州の阿久根市で住民投票が行われようとしている。名古屋市の場合は、市長が議会の解散を求めてリコール署名運動を行い規定数に達した。

一方、阿久根市の場合は市長解任に向けての署名集めは住民の半数を超えている。

発端は、それぞれ違うが、大本は市議会議員が住民の要望に応えられなかったことにあると思う。

名古屋市の場合、市長が公約した減税法案に議会が待ったをかけたこと、市議会の定数、歳費の減額など、市民受けする問題であり。阿久根市の場合は市長の暴走行為が原因であるが、その元になったのは、市職員の給料が市民に対して極端に高かったこと、市議会議員が自らの歳費を初め、対処する姿勢がなかったことにある。

自分も随分昔になるが、議会を傍聴したことがあるが、互いに書面を見て読み上げるだけの議論を見て「これは猿芝居でしかない!」と思ったことがある。

聞いてみれば、その書面は前もって職員が書いた原稿だと言う。こんな程度の人に市民の年収を上回る歳費を出す必要があるのか。

議案も提出したことがないのに、調査費を好き勝手に使っているなど、、、当時から見れば領収書を添付するなど進歩はしたと思うものの、まだ信用はできない面が多々ある。

今後、名古屋市議会や、阿久根市議会の推移がどうなるか分からないが、市議会議員のみならず、議員はただ手を上げる人でなく目線を低くして、いま、住民が何を求めているかを自覚した人以外になって欲しくない。

|

« ハゼランって | トップページ | 内山峡のコスモスは遅かった »

コメント

おばさま
情けない議員、、、結構いますね。
出るほうもどんな豊富を持っているのか知りませんが、発言しないことには、税金の無駄食い。
地位を利用して悪さをするのはそれ以上に困りますが、二世三世の資質も考えず無条件で出す市民も市民ですよね。
その市民(国民)の程度にあった議員を選ぶとしたら、あんまり批判も出来ないのかな? 情けないけれど

投稿: オラケタル | 2010年10月 8日 (金) 21時41分

『議会たより』・・機関紙が各家庭に配布されますが
一度も発言しないで、退職した議員もいました。
(旧富士川町)
議会開催時は傍聴に行っていましたよ。
選挙カーに乗って「お願いします」って言っただけ。
声すら覚えていない、情けない議員でした。
国民目線大切にして欲しいですね。
小沢さんもどうなることやら・・

投稿: おばさん | 2010年10月 5日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49658960

この記事へのトラックバック一覧です: 荒地を好む箒菊:

« ハゼランって | トップページ | 内山峡のコスモスは遅かった »