« つける薬がない | トップページ | 十月桜 »

2010年10月23日 (土)

黄色く染めて

020 . 散歩道は黄色い回廊となってしまった

いつもの散歩道。麻機沼界隈はセイタカアワダチソウで黄色く染まってきた。

名前の通り草丈が二㍍に及ぶものも出てきて、散歩道は黄色の回廊のようになってきた。

この草は、根からアレロバシーという他の植物の成長を阻害する化学物質を出しながら繁殖するため、日本全土でその勢いがとまらなくなった。

しかし、自分自身もその毒素のため成長を阻害されると言う、なんだか皮肉な結果で、最近は繁殖の勢いもひとっころほどではなくなったようだ。

034_2 035 ススキの白と泡立ち草の黄色、いかにも秋だが、、、

そして、ここでも、ススキとセイタカアワダチソウが混在して花を咲かせ、いかにも秋をともに楽しんでいるように見えるが、多分地下では勢力争いで根っこ同士が喧嘩してるに違いない。

さしづめ、顔で笑って足で蹴り合っている状況ということか、、、

032 .沼の土手を黄色く染めて

いま開催されている生物多様化問題で、外来種の進入を阻止しようと言う運動が起こり、麻機沼でも県や地元の団体で6月だったかに第四工区で華々しく式典を行い、傍にあったナンキンハゼを切ったなんて新聞で報道されていたが、、、、

この状態をどうしようとしているのだろうか。ほかにも、ナンキンハゼもこのほかは切られていないし、ミズアオイも相変わらずで外来種を排除しようと言う気概は見られない、形だけのおざなりなら、胸にリボンまでつけた挨拶なんてしないで欲しい。

|

« つける薬がない | トップページ | 十月桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49824860

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色く染めて:

« つける薬がない | トップページ | 十月桜 »