« 兜造りの古民家 | トップページ | 澄み切った空に誘われて »

2010年11月 1日 (月)

烏が鳴くからかえ~ろ

022 .

十月初めに富士山で初冠雪が報告されていたが、二十七日には浅間山、そして、1,300m少しの故郷の山も白く化粧したとの報告があった。

いま履いている乗用車のスタッドレスタイヤは、買ってから六年ほどになり、走行距離は僅かではあるが、タイヤの劣化で用を為していないと診断されていたので代わりのタイヤを探していた。

そして、本日ボルト穴の確認をしているうちに、「嵌め変えちゃえ」と言うことになり、暖国静岡では1、2ではないかと思うくらい早くから、スタッドレスタイヤを履くことになった。

.

043 .

午後になって、空は真っ青に晴れ上がり、まさに秋空、、、。

富士山の周りの雲も吹き払われている状態なので、近所でも富士山の展望台として有名な梶原山にむかう。

午後三時半、日没にはまだ間があると出かけてみれば、富士山は北側に雲が寄り添っているものの山頂付近を白く縁取りし静かに立っている。

伊豆半島、箱根の山、愛鷹山一帯はおろか、眼下の清水区や静岡一体も霞むことなく見通せる。

日はまだ高い。一通り見た後1kmほど離れた帆掛け山(通称一本松)まで花を期待して尾根伝いに歩きもどる。   成果なし。

五時少し前日没、富士の雪が少なかったが、白い雲がピンクに染まったものの、西の空には雲も少なくいまいちといったところ、、

064 047 ただ、日が沈んでから、大きくて明るい星のようなものが夕焼けを追っかけていったので写してみたが、、、、宇宙ステーション?  UHO?   拡大したのが左上の写真、飛行機ではないと思う。

夕焼けが済めば、気温も一気に下がり風が出てきた。

梶原親子の碑の傍に立つ一本のしだれ桜の上にはからすが何羽も止まり、ここをねぐらにしているのか一斉に騒ぎ出す、、、

#烏がなくから 帰~ろ  とばかりに山を下る。

|

« 兜造りの古民家 | トップページ | 澄み切った空に誘われて »

コメント

ピカッとさま
雪が赤くなったのとは違い少し暗い赤富士でした。

きらっと光る物体は動きは遅く、初めは星と見間違い写す積りはなかったのですが、、、そのうち次第に暗くなったので。もっと光り輝くうちに写せばよかったと思っています。

投稿: オラケタル | 2010年11月 2日 (火) 22時25分

こんばんわ

赤富士撮れましたね♪
綺麗です。

不思議な物体!!
謎ですネ??

投稿: ピカッと | 2010年11月 1日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/49908252

この記事へのトラックバック一覧です: 烏が鳴くからかえ~ろ:

« 兜造りの古民家 | トップページ | 澄み切った空に誘われて »