« 厚い外套を脱ごうと | トップページ | こじあけて蜜を吸う »

2011年1月12日 (水)

田の神様に

020 .

一月も中旬にはいり田んぼの農作業仕事始めに入った模様で耕運機が田起しを始めた。

長野へ行く前にはなかった田の神様への神事も行われたようで、あちこちの田んぼには御幣が立てられている。

こちらでは、いつもどんな風にするのかと興味は持っているのだが、まだ、一度も行き会っていない。また、同じ地域なのに祭り方が少しづつ違うのも面白いと思う。

032s 034 .

いずれにしろ、8,9,10の三が日の間に行われる行事なので鬼が笑うかもしれないが来年の楽しみにしたいものだ。

.

|

« 厚い外套を脱ごうと | トップページ | こじあけて蜜を吸う »

コメント

慶さん
同じ土地なのにお祭りの仕方がそれぞれ違うと言うのも面白いことですね。
それぞれの個性と言えばそれまでですが、日本は八百万の神がいるということですから、それぞれが違う神様かと思えばそれもまた楽し
何とか来年までに聞いておくことにしましょうよ。

投稿: オラケタル | 2011年1月13日 (木) 21時31分

今日、慶も上足洗の田んぼで、田起こしのお飾りを見かけました。写真に撮ってくれば良かったです。この2つとも違っていました。家を建てるときのような感じで、四方に竹を立てて、そこにのしがついていました。各家で違うのでしょうかね。

投稿: | 2011年1月12日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/50566780

この記事へのトラックバック一覧です: 田の神様に:

« 厚い外套を脱ごうと | トップページ | こじあけて蜜を吸う »