« 海の幸湯の幸を堪能 | トップページ | こぶしの春 »

2011年2月15日 (火)

バレンタインの横流し

019 .

昨日はセントバレンタインデー

ここしばらくは義理チョコも無いので、今年もと思っていたら今日になって三箱も届いた。

いや、自分に来たものではなく、もらったチョコが食べきれないという息子をもつ母親がこちらに流してくれたもの、、、それも、フランス、スイス、サイパンと全て外国製の箱に入って、、、

持つべきものは色男の友達、、、といっても、甘党ではないのでこんなに貰っても、、、虫歯にならないよう。溶けてしまわないようどこかに片付けて、、、と

それにしても不思議なことが習慣になってしまったようだ。

義理チョコにいたっては日本独自なものでガラパゴス化の一つだと新聞に書いてあり、チョコレート会社にうまうまと乗せられてしまう節操のなさは、女性同士でも贈り合うまでになったとか、、、

それでも、本命チョコをそっと送るうちはまだ良いほうで、最近では肉食系女子などと言われる人は相手を押し倒して目的を達成すると言うのを聞くと、男の不甲斐なさを嘆くとともに、何処まで積極的になっていくのかと、昔かたぎの親父は横流しのチョコにも買収されずに思ってしまう。

|

« 海の幸湯の幸を堪能 | トップページ | こぶしの春 »

コメント

慶さん
よほど心のこもった義理チョコだったようですね。ごちそうさまでした。
私にとって、バレンタインには何の縁もなく、静岡に来た30年前にもらい始めた義理チョコも7年で終わり、その後途絶えていくとせぞ、、、、と言ったところです。

たしかに、やせ我慢をしてでも、男が男らしく振舞おうとする時代は遠い昔話になりそうですね。
テレビという虚構の世界だけでなく、何している人か分からない手合いが増えています。

投稿: オラケタル | 2011年2月16日 (水) 21時29分

こういうものって、悩みますね。贈るべき贈らざるべきか。お菓子会社をもうけさせるだけと、おもいつつ、それでも何もないのもなんだか味気ない気もするし。かくいう、慶も、以前にも書いたことがありますが、義理チョコに釣れた?義理チョコで釣った?オットといまだに一緒にいるわけだし。男性も全く誰も一つもくれないというのも、ニュースなのでも騒いでいると寂しい気にもなるでしょうし。去年から我が家は虚礼廃止で、母の日や誕生日も含めて家族間では(じじばばと慶との間ですけど)お互いに贈りあうのは止めて、誕生日は皆でケーキを食べるだけにしようとなりました。もともとはばあばがやたら現金を包むので、孫にもひ孫にもよくなりからと、慶が言いだしたんですけど(婿さんとの付き合いのバランスもあって)じじばばも、負担だったらしく、気持ちいいぐらいすっきりしちゃいました。
 草食男子も肉食女子もですが、どう見ても男性なのに大きな顔をして女性の恰好して出てくる、しかも何をやっているのかよくわからない人がTVに出まくっているのがもっといやだわ。

投稿: | 2011年2月15日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/50879494

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインの横流し:

« 海の幸湯の幸を堪能 | トップページ | こぶしの春 »