« 転ぶのを待っていたが | トップページ | 鷺と猫 (どっちもどっち) »

2011年2月 1日 (火)

子供は風の子

005 .

「おや 今日は珍しい目白が来ているな」と思ったのはあまりにも羽根の下が白いメジロだったからである。

一緒に来ているメジロは普段どおりの格好なので、変種なのかと写真に写して拡大してみたら、羽根の下の羽毛を逆立てているだけのことで、何の変哲もなかったが、この鳥はよほどの寒がりだったのだろうか。

人間にも暑がり寒がりがいるように、メジロにもそんなのが居たんだと思ったら面白くて、笑ってしまった。

,

009 .

散歩で向かった城北公園では、どこか近所の学校の生徒と思われる集団が隊列を作って入ってきた。

何か運動するために引率されてきたようだが、その服装はまちまち、短パンもいれば長いトレーニングパンツもいる。しかし、上半身は一様に長袖の上着を着て、寒いのか袖の中に手を入れてこちらに向かってくる。

写真の題材として写す気になったのは、足を引きずって歩く生徒が立てる砂埃。

ここしばらく降らないために、グラウンドはカラカラに乾いていて、、、、、、

ここには、風の子はいなかったようだ。

|

« 転ぶのを待っていたが | トップページ | 鷺と猫 (どっちもどっち) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/50749930

この記事へのトラックバック一覧です: 子供は風の子:

« 転ぶのを待っていたが | トップページ | 鷺と猫 (どっちもどっち) »