« 月は西 | トップページ | 月さま雨が、、、 »

2011年2月23日 (水)

羅漢さんが笑った

008o .

仏教界において羅漢とは、修行者が到達しうる最高位をよび、これ以上学ぶ必要のない者とされ、尊敬を受けるに相応しい聖者ということになっているそうだが、それでも釈迦が入滅するときにはこの先どうなるのかと嘆き悲しんだそうで、あちこちにその様を模した羅漢像がみられる。

そんな羅漢さんでも綺麗な花を見たときには嬉しいようで紅梅を前にして心から微笑んでいるように見えたのはこちらの思いすぎか。

これからしばらく、花の命が長い梅を前にして、、、、、、観てござる。

.

昨日ニュージランドで大きな地震が有り、死者行方不明者が沢山出ている模様と、報じられている。

また、この地震では日本人も被害にあわれたようで安否が気遣われ、テレビの報道は前日までのパンダ騒ぎから一変している。

偏屈な見方から言えば、パンダが上野動物園に来るということで大騒ぎをしていたのは報道陣だけではなかったのかと思う。

お昼のワイドショーの司会者が「やっぱり 盛り上がるもんだね」といっていたがワイドショー的に難しい世界情勢や政治以外に盛り上がる材料がなかったので、意識的に盛り上げようとしていたのかもしれない。

幼い子供に、「パンダを見たいですか?」と聞いて「観たくない」という子供がいるわけは無い。上野の商店街の人に聞いたところ「客足が減っているのでパンダが来れば、、、」と人頼みの景気を期待している。(もっと努力しなさい)それを国民的要望というのはどうなのか。

和歌山県の白浜にあるアドベンチャーワールドでは、これまでに十一頭のパンダを繁殖させてきているが、上野動物園では僅かに一頭しか生まれていなくて何度も中国から送ってもらっている。

石原都知事はその年間八千万円というレンタル料の多さからしぶしぶ認めたそうだが、もし短期で死亡させた場合どうなるのだろうか。

.

ちなみに、清見寺の羅漢さんは、、、、歴史の古さを物語るかのように苔むしてござる、

034

|

« 月は西 | トップページ | 月さま雨が、、、 »

コメント

おばさま
中国が嫌いな石原都知事だけではないと思います。
新聞広告では、10年間のレンタル料が8億円で死んだら四千万円とか、、、、、
ほかにパンダ舎も新築したそうですから、、、、そういえば、前のパンダのときもその前もパンダ舎を作っていますから、、、、

そして、都営の動物園だから、8千万円が入園料から回せなかったら、税金を使う、と都知事が会見で明かしていました。
白浜の動物園は民営ですし、旭川動物園をはじめ、他の動物園のように工夫が出来ないところに、親方日の丸の古い体質があり、繁殖が難しいのではないでしょうか。

投稿: オラケタル | 2011年2月24日 (木) 10時47分

慶さん
清見寺の羅漢さん。私も何度も見に行っています。
また、浜松奥山方広寺にも五百羅漢がありますが、いずれも笑ったものはありません(?)
親しまれるのは、悟り済ました仏像に比べて人間臭が強いためではないでしょうか。
五百体も並べられると自分によく似た羅漢さん、父親に似た羅漢さんがいるといわれていることからも、、、、
ただ、女性の羅漢さんがいないのが難点でしょうか。
これから造られるかもしれませんね。

投稿: オラケタル | 2011年2月24日 (木) 10時37分

綺麗な花をみて、和まない人はいませんね。
羅漢さんも同じ気持ちだったでしょう。

パンダのニュース見て知りました。
レンタル料が8000万円sign03
一体何処から、歳出するのでしょう。
パンダでなくとも、客を呼べる動物園に
すべきじゃあないのかな。

投稿: おばさん | 2011年2月24日 (木) 00時31分

羅漢さんは清見寺さん?
清見寺さんの羅漢さん、好きです。清見寺空見える景色は、子どものころ見た景色とはだいぶ違っていますけど海が良く見えて、すごく高いところに来たって思った覚えがあります。清水区の小学校に通っていたので遠足などでよく、来ました。大人になってから景色が懐かしくって訪ねた時、羅漢さんがたくさんあってびっくりしました。
地位の高い羅漢さんなのに、他の仏像などよりも親しみを持って呼ばれるのはなぜでしょうね。
上野動物園は繁殖は苦手だったんですね。ということは…、税金の無駄遣いになる??

投稿: | 2011年2月23日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/50951831

この記事へのトラックバック一覧です: 羅漢さんが笑った:

« 月は西 | トップページ | 月さま雨が、、、 »