« 鷺と猫 (どっちもどっち) | トップページ | 春の兆しを »

2011年2月 3日 (木)

豆の多さにげんなりと 

009o .

”立春大吉”のお札を玄関に貼ってから、彼岸の法要にに出かける。

暦の上では今日から春だという。そのためあってか気温もどんどんとあがり、上着も薄いものに変えて臨済寺の山門をくぐる。

ここ三年は檀家でもないのに節分の豆まきは臨済寺に行っている。普段上がれない本堂に集まって読経も今年はストーブを焚かず仕切りの戸もあけっぴろげで寒くない。

014o 赤青黒と三組の鬼たちが乱入しての法事はとどこりなく済んで豆まきになるが、最初は、そんなに拾わないつもりが、膝元に飛んでくれば夢中になって拾う。

催眠商法ではないが、周りが熱狂すればそれにつられて拾ってしまう。

帰りには、お札と箸、そして、お目当ての味噌をいただいて帰る。

.

夜になって、近所に聞こえないような小さな声で「福は内」と唱えるようにして豆を各部屋に置く。孫が保育園に言っていたころは甲高い大声で撒いてもらったものだが、、、、、、と、あれから六年、近所でも豆まきの声は聞かない。

「歳の数だけ食べるものだよ」って、分かりきったことを言いながら手のひらに載せた豆の数の多さ、、、子供の頃は歳の数以上に食べたかったものだが、今ではその多さにげんなりとしている。

以前のように、生の豆を炒ったものでなく、市販品の柔らかい豆だが、噛めば口の中がパリパリに乾いてしまってお茶で流し込まなければ、、、、、

ともあれ、今日から春。心浮かれる春であって欲しいものである。

|

« 鷺と猫 (どっちもどっち) | トップページ | 春の兆しを »

コメント

おばさま
はるうらら、、、暖かい一日でした。
そうなんです。恵方巻きなんて、、私も関西文化圏の育ちですが、知りませんでした。
コンビニ商法に乗っかって無駄食いする必要は有りません。
その土地の風習でいきましょう。
追記、しかし、めざしは大好物の一つですので、私が鬼に代わって食べてしまいますが、、、、。

投稿: オラケタル | 2011年2月 4日 (金) 22時03分

節分も変わりましたが、我が家は頑なに
めざしを焼いて柊にさし、家の鬼門に立てる
恵方巻き・・・そんなの食べない。
白飯を炊いて、めざし。
今日は暖かく、春は間違いなく近づいていますね。

投稿: おばさん | 2011年2月 4日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/50765566

この記事へのトラックバック一覧です: 豆の多さにげんなりと :

« 鷺と猫 (どっちもどっち) | トップページ | 春の兆しを »