« 大地震の襲来 | トップページ | これ一本やり »

2011年3月12日 (土)

春の小川は

005 .

春も本格的になってきたようで、巴川の土手の柳が芽吹きで新緑が先端を色づかせ、根元の菜の花は黄色い絨毯をおり敷くなど山野の色合いが多彩になってきた。

まさに、春の小川は さらさら流る といった情景をそのままに描き出している。

散歩が日課になってしまうと出かけない日はなんとなく居心地が悪くなって、尻がむずむずとしてしまう。

.

今朝ほど起きてみてしみじみとなんでもない夜明けをありがたく思ったことはない。同じような言葉を以前に心臓病を患っている人から聞いたことがあるが、そのひとは「夜があけると今日も生きていた」と、、、

空気や水と一緒で、いつも平穏に夜が明けるということは当たり前と思っていることが、そもそもの間違いであろう。

それほど切迫感はないが、きのうの地震災害をみていると、東北で開放された地盤のストレスが何時東海地震を引き起こすフイリピンプレートに影響を起こすか分からない。

それかあらぬか、今朝ほど長野北部で大きな地震が有った。テレビに出ていた専門家は偶然の一致で関係ないといっていたが。これは、前に新潟県山越村で起きた大きな地震の近くであり、今回の地震と関係はあるのは間違いない。と非専門家の自分はおもう。

終日、テレビは震災の話題ばかり、たまには心の休まる番組でも見たいと思うが、各局とも同じ番組を延々とやっている。これは、娯楽番組をやっていると、不謹慎と取られるのを恐れているのか、日本人特有の横並び方式で自分の局だけ変わった事をしたくないということの表れか、、、

災害一辺倒でなく、たまには息抜きも有ってよいではないかと思うのは自分だけだろうか。とくにNHKにおいてはBS放送を加えて5チャンネルも放送しているのに全て同じ番組を流すのはどういう意味合いが有るのだろうか。

おかげで、震災以外のニュースも全然入ってこない。中国同様、情報の鎖国体制といわれても仕様が無い状況である。

そのほか、福島の原発事故やコンビナートの火災など言いたいことは山ほどあるが、当面は様子見で過ごすことにしよう。

|

« 大地震の襲来 | トップページ | これ一本やり »

コメント

TOMOKOさまもそう思われましたか。
実はお叱りを受けるかと思いながら書いたのです。
お笑いでなくても少しくらいは娯楽番組が欲しいところです。
何処の局を回しても、枝野官房長官の顔ばかりというのはどうでしょう。
こんなときこそ、報道協定を結んで何時から何時までうちは世界情勢だの、国内のニュースだの、各駅停車だのと割り振りしてよいのではないかと思うのは不謹慎でしょうか。
戦後、廃墟にたって聞こえてきたのは「青い林檎に唇よせて、、、」や「東京ブギウギ、、」など国民を元気付けた歌がありましたよね。

投稿: オラケタル | 2011年3月13日 (日) 17時24分

おばさま
被災に比べればなんてことないのでしょうが、大変でした。
大船に乗ったつもりでなく、静岡あたりはゆらゆらと何回も余震でゆれました。
お互い被害がなくてよかったです。
とはいえ、連絡のつかない親類があると言うことは落ち着かないものですね。今日も、断続的にテレビを入れていますが、、、、、、、

投稿: オラケタル | 2011年3月13日 (日) 17時16分

被災された方にはお叱りを受けるかもしれませんが、私も普通の心安らぐ番組は無いものかと、感じているところでした。
新しい映像とかなら又違うのでしょうが、同じ映像を何度も見せられていると気分が悪くなってきそうです。
元気でこれまで通りの暮らしが出来ている者も一緒になって落ち込んでしまいそうです。
今は何も力になれない、唯祈ることしかできないのですから。

投稿: tomoko | 2011年3月13日 (日) 14時14分

大きな地震で驚きました。
富士市では一部非難勧告が発令。停電もあり
大変な日になってしまいました。
東北地方の方に比べれば、たいへんなんて言ってられませんが。
町田にすむ愚息は、本箱が倒れ揺れもひどく
大変のようでした。
地震・雷・火事・親父
本当に地震は悲惨ですね。津波に飲まれる家・車
おもちゃのように見えましたね。
恐ろしいことです。

投稿: おばさん | 2011年3月12日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/51100810

この記事へのトラックバック一覧です: 春の小川は:

« 大地震の襲来 | トップページ | これ一本やり »