« 同じ栴檀でも | トップページ | 竹の葉を折敷いて »

2011年5月21日 (土)

花弁の中が見えない

008 .どう、お猪口に見えない?

005 .

近所の県立総合病院の敷地内にある”ユリノキ”がいま満開常態になっている。

011 高さは15mほどもあろうかという巨木が十本ほどもありその全てに咲いているが、花は木の上の高い所にしかないので仰ぎ見て花を確認しなければならない。そのため、花びらの中がどうなっているか自分の目で見たことが無い。

写真によれば、無数の雌しべが花びらの中に所狭しとばかり入っているようで、さしづめ、大奥状態のようだ。

カエデを小さくしたような緑の葉っぱに囲まれ、薄い黄色と花弁の中ほどにこれまた薄い橙色の横模様を入れた、どちらかというと派手さの無いシックな装いに花が点々と散らばっている。

日本では百合の花に似ているということをさるやんごとない人が言ったとかで、ユリノキという名前になったが、自分が見た感じではお猪口のような形にみえる。

花の印象はその人の生活が大きく影響して来るようで、名付け親によって名前は随分と違ってくる。北アメリカが原産地のこの花はチューリップに似ているところから外国では TULIPIFERAというそうだ。

ともあれ、目立たない花なのであまり人に気付かれないのか、地元の新聞にも取り上げられず、したがって、素人カメラマンが押し寄せて来ず、この花を独り占め出来ることが嬉しい。

.

原発事故の責任をとって東電の社長が退任するそうだ。事故当時から雲隠れしたり、病院に入院したりしてリーダーとしての素質が懸念される人物だったが、本人もこれでやれやれといったところではないだろうか。

一方政界では、菅首相を引きづり降ろしたい人がかなりいるようだが、首相のほうは二枚腰三枚腰で対抗しているようだと新聞は報じている。

今回の震災ではいくつかの間違いもあったようだが、震災から二ヶ月もたつといろいろな裏話も出てきて、指示どころか命令を出さなければ動かない事情もあったようで、、、、

ともあれ、自分家の葬式でもあとで反省することが多々あるなかで、未知の原発事故では百家争鳴状態になり、どれを取るのか精一杯やってきたことの結果であり、ある程度は仕方の無いことのような気がする。

しかし、ここで首相以下を退陣させて、誰を変わりに据えようとしているのだろうか、、、とくに、身内の与党に聞きたい。

この国の政治家に、民主党の議員の中に菅首相より飛びぬけて洞察力がある議員はいるだろうか。小沢ダメ 鳩山ダメ、岡田?前原?、、百歩譲ってもどんぐりの背比べでしかない。

誰に譲っても同じ程度なら、いま政争をしている余裕はないはずだし、もし、不信任案が通って、血の気が昇った首相が衆議院解散などといったらどうなるのか、、、、、、、

いま、騒ぎまわっている与党議員の思惑が分からない、なんだか役職欲しさの馬鹿議員にしか見えないのは、自分だけ?

|

« 同じ栴檀でも | トップページ | 竹の葉を折敷いて »

コメント

慶さん
そうなんですよね。菅首相も人の言うことを聞かない傾向が強いと思いますが、みんなの言うことを聞いていればまた手間取ってしまいます。
アメリカなどのように、一度舵を預けたら四年間不満があっても協力するということが与党には必要なことと思いますし、自民党などもこの程度の安全策で良いとした責任があるはず、、、
とにかく、原発被害を抑えるまで一致協力が出来ないものかとつくづく思ってしまいます。

ユリノキ、綺麗に咲いているうちにどうぞ、、正面玄関の左側の並木です。

投稿: オラケタル | 2011年5月22日 (日) 21時38分

今こそ管総理のもとで一緒に同じ方向に向かっていかないといけないのに、逆方向だの乱気流だの竜巻だのと邪魔している感じですね。自民党も自分のところの政権下でなくって良かったと思っているんじゃないですか?今なら批判だけしていればいいし、相手は勝手に自分の首を絞めているし。こういうときってリーダーシップが必要と言うより、リーダーが誰であれ、そうそう変わらないと思うのです。安倍さん福田さんのような逃げる人では困りますが。固執しているとの批判もありますが、批判を浴びようが何しようが逃げないでいてくれる管総理を身内が応援しないでどうする!と思うのですが。
百合の木綺麗ですね。見に行ってきますね。

投稿: | 2011年5月22日 (日) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/51731793

この記事へのトラックバック一覧です: 花弁の中が見えない:

« 同じ栴檀でも | トップページ | 竹の葉を折敷いて »