« 桑の実はなつかしの味  | トップページ | 期待して登ったのに(岩岳) »

2011年5月17日 (火)

匂いと臭い

003w .

午後になって二時間ドラマの間中激しい雨が降ってきたので、どこにも出られず、とっくりと古い番組を見せてもらった。

その番組が済んだのは四時、そのあと雨が上がったと見て外に出てみたが、庭先の”ニオイバンマツリ”が雨上がりの露を付けたまま、淀んだような空気の中匂っていた。

匂いといえばかすかな香りは心地よくさせてくれるものだが、どんな匂いでも濃縮されてきつく感じると臭いになり、不快感でくらくらとすることがあり、その限度はそれぞれの香りにより、人の感性によって違う。

001 ニオイバンマツリ、漢字で書くと匂蕃茉莉となるが、蕃という字は外国という意味で、茉莉はジャスミンのことだから、外国から来たジャスミンの匂いのする花、と、情緒もなく、いとも合理的な名前がつけられている。

この花、咲き出しは濃い紫であるが次第に色あせるように白くなって落ちる。

普通は紫の色が三日ほど続くのだが、雨に打たれると早目に色あせるような気がするところを見ると、安いテーシャツのように水に溶けやすい染料を使っているのだろうか。

.

さて、「雨も上がった」と見て、出かけては見たが、空には重い荷車が砂利道を動くように雷の音が長く尾を引いて西から東へ、南から北へと響き、時折傘が必要なほどに降りだしてくる。

そんななか、自分と同じように雨の切れ目を狙って出てきたのか、自転車に乗った女子高校生とすれ違う。

合羽を着た者も何人かはいたが、ほとんどが頭に雨しぶきをつけて自転車をこいでいる。

この按配では、家に帰り着いた頃には制服も雨でしっとりと濡れていることだろう。若くて新陳代謝の激しい彼女たちが少しでも汗をかけばさらに、、、、

.

近年、この年頃の娘を持つ父親は”加齢臭”があるとして、洗濯は家族から別扱いにされるなど寂しい差別を受けるなどと言われているが、雨にぬれた学生服や汗にまみれた体操着(最近はジャージーと言うそうだが)はどうするのだろうか。

自分以外は臭いだが、自分のは匂いとでも言うのだろうか。ちなみに、自分のときはどういう処遇をされていたのか、、、20年以上むかしのことで知らずに過ぎていたのだが、、、

.

ちなみ「くさいにおい」はどう書けばよいのだろうか、「臭い臭い」では今どきの子供名前同様読んでもらえそうも無い。

|

« 桑の実はなつかしの味  | トップページ | 期待して登ったのに(岩岳) »

コメント

慶さん
加齢臭は自分ではなかなか気付かないものです。
家族に指摘されたのか、オーデコロンのきつい男性がときどきいますが、これがまた、、、、、
むかし、消臭剤がなかったころ、トイレに金木犀のような強い香水(?)を撒いてある田舎の家で、涙が出たことがありましたが、、、相乗効果の典型

父親の臭いを嫌がるのはそんな理由があったのですか、野生の動物は強いものの子孫を欲しがるとありましたが、その場合、体臭は関係ないんでしょうね。

投稿: オラケタル | 2011年5月19日 (木) 22時10分

おばさま
下田の了仙寺は有名ですね。何度も下田に行っていますが、花の時期には行ったことがありません。
テレビなどでは、かなりの株があるようです。
あれだけあると、匂いでしょうか。臭いになっていますでしょうか。最盛期にはかなりでしょうね。
梅のようにそこはかとなく匂ってくれるのが好ましいのは、自分の気持ちです。
その匂いをかいでいると、慣れてきてにおいを感じなくなってしまうので、加齢臭は自覚できないものらしいですね。
男のほうが、、、、、、

投稿: オラケタル | 2011年5月19日 (木) 21時58分

ニオイバンマツリ
我が家にも一鉢ありますが、可愛らしく
青紫色がなんとも言えず・・・
下田の了仙寺は、有名ですね。
愚息が下田に勤務した折、買いました。
河津桜とともに。
想い出の花のひとつです。
ニオイと香りは、どのように違うのだろうcoldsweats01
介護に追われ自分を顧みていない私も、もしかすると
加齢臭が・・・・・ぎゃあ~

投稿: おばさん | 2011年5月18日 (水) 23時00分

匂いと臭いと香り
加齢臭は中にちょっときつい人がいますね。たぶん自分で気にして、何か付けちゃうんだと思うんですが、匂いで臭いをごまかすのは相乗効果ですごいことになることも。オットがタバコを吸っていたころはやはり気になりました。それに、キムチやニンニクが好きで、本当ににゅ~とすごい量を付けちゃうんですよね。すると夜吐く息がすごく臭って朝起きた時うわって感じです。タバコをやめたら同じキムチなどもそれほど変なにおいにはならなかったので、皮脂にタバコがしみ出るのかなと勝手に思っています。今息子がタバコを吸うので、やはり運動した後はすごいにおいになってます。お風呂に入れば大丈夫ですが。
洗濯は下洗いだけ別にして、あとは一緒にやってしまいますが、量が多い時は洗濯物の中にデリケートなものとごしごし洗いたいものとあるので、分けています。たぶん別に洗う理由に中にはそれも大きいと思いますよ。
お父さんの臭いをいやがるのは、いい遺伝子を残すために、自分の親とは違う型の遺伝子を求める為だそうです。実験では年寄りと一緒に暮らしている女の子と男の子の兄弟がいる子は加齢臭には鈍感だそうですよ。ちなみに慶の娘は抹香臭いのが好き。おじいちゃん子です。

投稿: | 2011年5月18日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/51698003

この記事へのトラックバック一覧です: 匂いと臭い:

« 桑の実はなつかしの味  | トップページ | 期待して登ったのに(岩岳) »