« 虫酒場のように | トップページ | ランデブーに水を差す »

2011年6月26日 (日)

見た目と味に差があった

006 .

梅雨明けを思わす猛暑日にはやはり身体が追いつかない。

昨日のブログ休みはそのため、そして、今朝がたのお湿りは最低気温が二十四度といいながら結構涼しく感じられた。

ほんの少しのお湿りのため、茂った葉陰に実るヤマモモは一滴の水滴も付かないでいたが、今にも追加の雨が降りそうな空模様は全ての色を吸い込むかのようにモノクロの世界を演出している。

ヤマモモは海岸近くの温暖な地に育つため、静岡に来るまで知らず、榛原町の山で見かけたときにはこれがあの木の実かとしばらく見つめ口にしたとき、少し松脂臭いような味わいに驚いたものだった。

熟れると真っ赤から黒っぽい臙脂色になって落果するのだが、その表面の粒粒はなんとも食欲をそそり、一粒二粒とつまんでみるが、、、見た感じと味わいに差が有ってその程度で終わる。

.

045 おととい、小笠原諸島が世界自然遺産に、昨日が平泉の中尊寺毛越寺が文化遺産に指定され日本の世界文化遺産がこれで十六個所になった。

これらは世界的に見て貴重な遺産であり後世に残して行かなければならないものとして認定されたのだが、そのための対策には周りの人々を巻き込んだ保護策がいままで以上に必要になってくる。

ただ、世界中にどのくらい自然遺産や文化遺産があるのか知らないが、認定されたときこんなに大騒ぎするのだろうかと疑問に思った。

テレビを見ている限りでは、ただ観光客が大勢来て落としていくお金だけが焦点になっているような印象を受けてしまうのはこちらの僻目だろうか。

静岡にも、暫定リストに富士山が入っていて関係者が躍起になっている。まえに自然遺産はリストから外れたため文化遺産でということらしいが、信仰の山というには木曽の御嶽山や大台ヶ原のように白装束の行者や山伏姿の人が登るのを見たことが無い。

前にも書いたことがあるが、富士山はそれだけできれいで象徴的な山であり、国立公園ででもある。

ただそれだけではダメなのだろうか。

|

« 虫酒場のように | トップページ | ランデブーに水を差す »

コメント

ピカッとサリーさん
岡崎出身でしたか、それにしても、いまの子供は自然のものは食べなくなりましたね。
飽食の時代なのでしょうが、温室物ばかりで一番素朴な自然の味を知らなくなったのは、やはり親のせいででしょうね。
それにしても、暑さになれる方法がないものでしょうか

投稿: オラケタル | 2011年6月27日 (月) 08時20分

こんばんわ

同じですネ!!
あまりの暑さに身体がついてゆけませんでした。
昨日からようやく少しずつ身体戻ってきたような~
首からのタオルがないと仕事も出来ません!!

写真のヤマモモは可愛いゼリーの様ですが・・・
私の育った岡崎の山ではもっと紫になって甘くなってから食しました。(笑)
もうヤマモモとって食べる子も見かけないこの頃です。
懐かしい思い出になりつつありますね(ふふふふ)
くだらない事いいながら・・・
おやすみなさいZZZ

投稿: ピカッとサリー | 2011年6月26日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52045584

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目と味に差があった:

« 虫酒場のように | トップページ | ランデブーに水を差す »