« 虫(歯)の日 | トップページ | 虫たちには評判がよい花 »

2011年6月 5日 (日)

第一関門

031 .

今日も雨は降らなかったがうっとうしい一日。

藤枝の瀬戸谷を遡り、ぐるっと一周して戻ってきたが、こちらのほうは花の端境期なのかめぼしいものは無し。

途中、朝比奈の山あいで見つけたアオモリガエルの卵。水たまりの上に差し出したカエデの葉っぱにいくつもの白い泡のかたまり。

新しいうちは純白の泡だが、次第に塵もついたり、酸化?して茶色くなり、溶けるようにして崩れていく。

崩れだした泡の中は、卵から孵ったおたまじゃくしがいるのだろうが、間近に見える白い泡にはまだ乳白色の卵が点々と散らばっているだけ、、、

なんだか、宇宙望遠鏡で写した”星の卵”ってやつを想像してしまった。しかし、宇宙と違うのは、下の水溜りに落ちてくるおたまじゃくしを狙ってイモリが待ち構えていること、、、

おたまじゃくしになった途端、生存競争の第一関門が待ち構えているのだ。

,

もう一週間くらい前のことになるのか、テレビで傷害の疑いで逮捕された男のことを一度だけ聞いた。

原因は、ブロック塀にサッカーボールを蹴っていた子供が塀を越えて飛び込んだボールを取りに行ったとき、そこに住んでいた男に叩かれたことが始まりだった。

その後、叩かれた子供を連れた両親がその男の家に行ったところ、今度は男親が半殺しの怪我を負わされ、助けを求めた子供の声で警察が出てきて、現行犯逮捕ということになったそうだ。

逮捕された男は「謝りに来たと思ったが、、」といっていたそうだ。

この放送は、一度聴いただけで、その後放送されたのを見たことがなかったので、何処の土地で起きたことか、ここまで書いたことが正確かどうかについては判然としない。

半殺しにするほど暴力を振るった男がどう言おうと悪いことには間違いない。しかし、むかしならこんなことに親が子供を連れて抗議に来ることはなく、逆に家で「お前が悪い」と、もう一つ拳骨の追加があるくらいだった。

塀に、ボールを何度も蹴飛ばせば中の住人はいらだつこと間違いない。現に、公園などで子供に大きな声を出させないように、と市役所に抗議が来る時代である。

子供に鷹揚だったむかしでも、野球のボールが飛び込めば取ってくる者を決めるのに揉めたり、家主に叱られたり、追っかけられたりはあたりまえで、漫画の題材にもよく使われたもの、、、ボールを取りに行くときは拳骨の一つくらいは覚悟して行ったものだ。

そして、そんなこととぐらいで親には報告なんてしたことがなかった。ただ、親が付き添っていくときは、その家の窓ガラスや鉢植えを壊すなど弁償がからむときなどで、玄関で頭を何度も下げさせられ、それが当たり前だった。

それは、暗黙のうちに人に迷惑をかければそれ相当の痛い目にあうということを教えられることであり、社会人としての第一関門であった。

しかるに、最近ではクレーマーといわれる世間知らずのお坊ちゃん、お嬢ちゃんが親になり、相手を謝らせることに快感を覚えたらしく、学校などでも理不尽なクレームをつけるなど問題になっている。

今回の親も、この手合いの人だったかどうか、以後のテレビはもちろん新聞やネットで検索しても出てこないので分からないが、どんな話し合いだったのか逮捕されたときの男の言葉として「謝りにきたと思った」にある。

それで想像して書いたのだが、重傷を負わせたのに報道されなかったのは、双方が社会的に無名の人だったためか、福島原発のためだったのか。

海老様のときとはえらい違いで、マスコミ的にことが始末されたようだ。

|

« 虫(歯)の日 | トップページ | 虫たちには評判がよい花 »

コメント

ピカッとサリーさん
モリアオガエルは山奥ばかりで無しに案外身近にもいます。子供の頃はこの泡を誰かの唾かと思っていたときも有りました。こんなに唾をはける人がいたら怖いですね。
モンスターピアレンツ
むかし、何処の町内にも恐いおじさんがいたころは、こんなことなかったのでしょうが、社会がこんなおじさんを絶滅に追い込んでしまって、なにをしても怒られるということがなくなったためでしょうね。
「親にも手を上げられなかったのに、、」という言葉を先日も耳にしました。
この人たちの親の責任は重いですね。

投稿: オラケタル | 2011年6月 6日 (月) 21時27分

こんにちは

アオモリガエルの卵初めてお目にかかり候♪
でも育っても下でイモリが今か今かと待ってるんですネ
可哀想でもあり!!
ライオンじゃないですが・・・
試練に耐えて育ってゆくんですネ~

昨日も同年齢の方と昔話をしました。
「私たちの子どもの頃って良かったね(笑)」って
でももっと凄いモンスターペアレンツいますよ~
そしてよくいわれるのが!!
あなた達年代の子どもがモンスターなのよって
学校でも地域でも言った者勝ちでまかり通っていたこともいけなかったんでしょうネ!!
ここらでストップにしておきます。(苦笑)

投稿: ピカッとサリー | 2011年6月 6日 (月) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/51863169

この記事へのトラックバック一覧です: 第一関門:

« 虫(歯)の日 | トップページ | 虫たちには評判がよい花 »