« 屁の河童 | トップページ | 見た目と味に差があった »

2011年6月24日 (金)

虫酒場のように

016 .

アカメガシワの淡い黄色の花が咲き、虫たちが甘い蜜を求めて集まってくる。まるで虫酒場のように、、、

傍によって見ると、花びらも見えず、黄色い雄しべが密集して花開いている様子で丸い玉はその蕾だろうと推測する。

アカメガシワは赤芽柏と書かれるが、柏とは種類が違い、名前の言われは新芽のときの鮮やかな赤色と柏に似た?大きな葉っぱをしていることから名付けられたいい加減な名前である。

009_2 この木は雌雄別株で、左の写真の花は雌花。

雄花に比べると地味な存在であるが、虫たちには雄花ほどではないが、それなりの魅力があるようで、受精率は高く秋には真っ黒な実を沢山つけている。

また、生命力が強く、荒地に強いようで重機でかき回した土地に真っ先に参入し、茎を切っても横に這った根から新しい新芽を次々に増やしていくので絶やすには根から掘りあげないと出来ない。

今日も、麻機山の農道脇に咲いているアカメガシワにナミアゲハが食事に来ていた。

そして、すぐの選手交代するかのように新しい昆虫がいれかわり、あるいは同居するかのように立ち寄っていく、、、、、

023 029

ひだり、ベニシジミチョウ       みぎ、蜜蜂 ともに花に埋もれてご満悦

|

« 屁の河童 | トップページ | 見た目と味に差があった »

コメント

pend-3さま
よくいらっしゃいました。
いつでも歓迎します。
歩くのは年寄り暇つぶし兼身体のためです。
写真は、ただ歩くだけではつまらないので、何か目に留まったものを見て写しておこうかという程度ですから、褒められるようなものではありません。
ただ、下手な鉄砲数打ちゃ当たるでときどき自分が思ったものよりってのもできますが、偶然ですよ。偶然!coldsweats01

投稿: オラケタル | 2011年7月 5日 (火) 14時34分

オラケタルさん

久々にブログに訪れました。

夏になっても変わらず外歩きなんですね。
夏の日差しをさえぎる木々の中を歩いていると気持ちが良いでしょうね。

それにしても動くものをこう鮮明に撮られるとうらやましいです。

投稿: PEND-3 | 2011年7月 5日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52030486

この記事へのトラックバック一覧です: 虫酒場のように:

« 屁の河童 | トップページ | 見た目と味に差があった »