« 集団の力(イタチハギ) | トップページ | 茄子科の花は »

2011年6月 9日 (木)

おたまじゃくしのおじいさん

029 .

麻機遊水地の排水路に一匹の大なまずが身動きもせず水底に腹ばっている。

長さはおよそ50cm、丁度日の光りが斜めに当たりかけた場所に近く、その反射光でよほど注意しないと見えないことを承知で潜んでいるように見える。

#おたまじゃくしは蛙の子 鯰の孫ではあるまいに、、、”という歌があるが、頭でっかちのその体型はまさにおたまじゃくしのおじいさんを更に上回っている。

以前は梅雨の雨で増水すると、このあたりでは群れを成して川を遡り田んぼの中に入って卵を産卵していたが、水路がコンクリート張りになり川と田んぼに落差が出来だしてから鯰の数はとみに減ってきたようで、滅多に見ることが出来なくなった。

030l いま、頭の部分をレンズで引き寄せて写してみたら、その濁ったような眼といい、半開きにした口といいかなり不気味な風格があり、撮影後、自分が覗き込んでいるのに気付いたらしく尻尾を一振りし、川水を濁して姿を隠した。

その姿の消し方から、「今に見てみろ俺だって地震ぐらい起こして見せるから、、」というような不適な面構えを見たような気がした。

.”たられば”ならぬ「先悔」

今でも使われているのだろうか「たられば」という言葉。似ているが”ニラレバ”ではない。

あの時こうして”たら” あそこでこうして”れば”という言葉の語尾をあわせて使う言葉で、無意味な後悔をを言い、そのむかしは「後悔先にたたず」という立派な言葉があったが、”たられば”はいかにも最近の時代にマッチした感覚で使われだした。

もっとも、流行語の寿命も短くなった最近では、はや廃れてしまった言葉なのかもしれないが、、、

今回の、東北大地震ではさぞかしこの”たられば”で後悔している人が沢山いることと思う。

その最大の原因は、津波が来なかっ”たら”であり、津波に対する防御が原発で出来てい”れば”だった。

いままで、津波警報は出されてもよほど注意しなければ分からない程度であり、海岸まで見に出かける人がいるくらいの小さなものだったことが、「狼少年的」な効果をもたらした原因でもあったし、原発事故も津波を過小評価したことにある。

後悔は先に立たないが、災害復興もなんだか訳のわからない争いで先のめどがまだ立たず、後悔ならぬ「先悔」は目に見えている。

どんぐりの背比べではないが、おたまじゃくしが束になってかかっても何の力にもなりえないのだろうか。

.

030 六月十一日の朝まで降った大雨で田んぼに上ったナマズ。取り残されたように植えたばかりの稲の間を動き回っていた。

運よく、伴侶に出会えたのならこの田んぼで野たれ死にしてもよいが、そうでなかったら、、、無駄になる。

恋は盲目。一か八かで命を懸ける。こんなことは自分には出来なかった。

|

« 集団の力(イタチハギ) | トップページ | 茄子科の花は »

コメント

ピカッとサリーさん
汗汗ですか。今日も蒸し暑いですね。
沖縄は、もう梅雨明けとか、、、また一段と厳しくなりそうで、いまの時期からこれでは困ります。
警報の無視。若いときは粋がってこういう行動に出るものですが、あまり小さいことを大げさに騒ぐと、いざというときには間に合わないものですね。
地震には、クワバラ桑原

投稿: オラケタル | 2011年6月10日 (金) 16時31分

こんばんわ

(@_@;)!!汗汗!!
どこの世界に来たかって・・・
これは宣伝ですか~??←関係ないのにすいません!!

コメントです♪
久しぶりに生のナマズ見ましたわぁ~笑
水族館等では時々お目にかかりますが~
この歌は良く口ずさみました。
確かに津波の警告にはサーファーがこぞって飛んでいきますものね!
前も伊豆に行って台風の前に帰ってこようって海を見ると黒いカラスの様な物体がいっぱい・・・
数十人のサーファーたちでした。(呆れました!!)

『たられば』意味のない後悔とか思いましたが??
今は聞いたことがない私です。
って言うかあまりにも自然の力を過少評価していたのでしょうネ!!←そういう自分自身もです。

投稿: ピカッとサリー | 2011年6月10日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/51899695

この記事へのトラックバック一覧です: おたまじゃくしのおじいさん:

« 集団の力(イタチハギ) | トップページ | 茄子科の花は »