« 黄色い花蜜吸った | トップページ | 男ありてモロコシを焼く »

2011年7月31日 (日)

恋のかけひき

018 .

瀬名、長尾川の岸辺で(アブラゼミ)クマゼミが自分より少し大柄な雌の下から近づき、耳が痛くなるような声?で歌いだした。

鳴きながら少しづつ間をつめていく。歌が上手なのかメスは動かないで聞き惚れているようにも見えたが、手がかかりそうになると少し動く、そしてまた近づくと動くを繰り返して上に、、、を繰り返しなかなか雄の目的は達成されそうも無い。

見ているこっちもやきもきしてくる。メスというものはどんな生物においても雄をじらせて手玉に取ろうとするものだろうか。

020_3 見ていると、メキシコで行われている好きな女性の家の下で歌を歌うmachismo(マチスモ、男意気)や歌劇ドンジョバンニに出てくるドンフアンのセレナーデを思い出してしまった。

それにしても、この(アブラゼミ)クマゼミよほどの歌うたいらしく、気がつくともう一匹がすぐ傍に来ていたが、変に恋の手練手管を使っていると、新しい恋人に横取りされそうなのが分からないらしい。

すがっている木はタラの木。

棘が胸刺す痛みは刺された後出なければ分からない。

アブラゼミとクマゼミを間違えて書いていました。思い込みとは怖ろしいもので、頭でわかっているのに、手が違う名前を書いてしまったようです。

惚けたのかな?pend-3さま、ありがとうございました。指摘されなかったらそのままにしていたと思います。

.

001 これが本当のチキチータ

テレビからアバが歌う「チキチータ」(chiquitita)が流れてきた。

BS放送でスウェーデンの「ニルスの不思議な冒険」という童話に沿ってヘリコプターでそのルートを飛びながら観光するという筋書きで、キャーキャーと騒ぐだけのおねぇちゃんリポーターが出てこない番組だったので見ていた画面に挿入されていた。

この歌を初めて聞いたのは、昭和50年代の初めであった。先輩で、同じようにペルーのケチュアでボーリングに携わっていた人が土産代わりに持ってきてくれた録音テープに入っていた曲のひとつであった。

チキチータとは、小学校低学年くらいまでの可愛らしい女の子を意味していて、当然、ほかの曲同様スペイン語で歌われていた。

そのため、この歌は南米の歌手だとばかり思っていて、スウェーデンの歌手と知ったのは随分後だった。

歌は、スペイン語を少ししか分からない自分にも理解できたし、その透明感を持った歌声は印象がよかった。

chiquitita dime por que`  tu doler hoy te enncadena

チキチータ どうしたの     つらい顔をして(鎖に縛られたような痛み)

の歌いだしではじまる。この場合は幼い子供のチキチータではなくセニョリータなのだろうが、、、、、失恋の痛みから子供のように打ちひしがれているので、、、その辺の所はよく分からないので

ただ、一番最後にでてくる otra ves quiro ,,,は、「もう一回やり直し」と鬼のような顔をして仕事の中でよく使わせてもらった。

    

|

« 黄色い花蜜吸った | トップページ | 男ありてモロコシを焼く »

コメント

pen-d3さま
ご指摘ありがとうございました。
念を入れて読み返していなかったことが、間違いの始まりです。
暑さボケで間違えたことにしておいてください。
また、こんなことがあったら、、、よろしく

投稿: オラケタル | 2011年8月 2日 (火) 16時22分

オラケタルさん

久しぶりに訪れました

暑さより、原発が毎日気にかかるような夏ですね。
蝉は毎年変わらず鳴いてますが、鳴くかたに元気さが感じられません。

ところで、この蝉はアブラゼミではなく僕はクマゼミだと思っていたんですが、呼び名が地方によって異なるんでしょうか?

気になったのでコメントいたしました。

投稿: PEN-D3 | 2011年8月 2日 (火) 09時16分

おばさま
「厚い暑い」といっても涼しくはならないでしょうが、悲しいときに泣くのと同様心の慰めになるのではないでしょうか。
チキチータとバナナ、、、、そんな種類がありましたか。
ちっちゃいのを言うんでしょうか。

投稿: オラケタル | 2011年8月 1日 (月) 09時19分

暑い暑いと言ってはみたものの、一向に
涼しくならないですよね。
最近 私の周りでは蝉の声も聴くことが
少なくなりました。???

ごめんなさいdown
バナナを思い出しました。
そして調べました。
悲しみに落ち込む友人を
見守り 優しく包む 友の言葉・・・
一つ賢くなったかなcoldsweats01

投稿: おばさん | 2011年7月31日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52355861

この記事へのトラックバック一覧です: 恋のかけひき:

« 黄色い花蜜吸った | トップページ | 男ありてモロコシを焼く »