« 一日三度の水浴びも | トップページ | セピアがかかって »

2011年7月10日 (日)

濃淡繰り返して

015 .

朝日の出る午前五時前後、丁度朝凪の時期に当たるようで重苦しいような暑さに満ちている。

そんななか、ツクバネウツギの甘くねっとりとした香りが塊のようにあるらしく、流通センター北側の道路は、歩を進めていくと濃淡繰り返して匂う。

ツクバネウツギは、花が済んだ後追い羽根の羽根のような形になるところから付けられたもの、、、

.

余り福島原発のことを書きたくないのだが、静岡のお茶が汚染された経緯をNHKでやっていたのを見たとき、一時期汚染された大気が北関東をぐるっと回り込んで流れた時期があったためだとしていた。

そして、それ以外の時期は西風により煙突から出る煙のように太平洋を東に向けて放射能が流れて行くのが示されていた。

これを見て、原子力発電所が福島にあってよかった。と言うか。恣意的にあの位置におかれていたのか判ったような気がした。

もし、東電の原子力発電所が三浦半島辺りにあって、同じような事故を起こしたとしたら、それこそ東京や横浜、千葉の辺、全てが避難区域になりかねない事態になっていたにちがいない。

現在の福島原発を完全に過去のものとするには、四~五十年かかるとされるそうだが、その間の費用を考えると原発の電力は安いと言う想定は根本から崩れることになろう。

政府や電力会社のまやかしに乗せられた「原発は安全」と言う神話が崩れ去ったいま、福島が立地条件に適ったと言う話も、信用できず、、、上のような配慮があったのかもと思ってしまった。

|

« 一日三度の水浴びも | トップページ | セピアがかかって »

コメント

慶さん
第五福竜丸の釣って来たマグロが放射能汚染された後、海洋調査をしたところ、放射能は珠上に散っていて薄まってはいなかったことが分かっていながら、「海洋に流れ出た放射能は薄まるから心配ない」などとごまかしていたし、今日、発表された南相馬市の牛の餌を外に出しておいたらとんでもない数字がでたそうで、20km30kmの円は初めから無意味な円だったことになります。
浜岡原発が、断層の真上にあることは自分のブログでも三回は書いた積りです。
今回のことも「長いものの巻かれろ」と黙っていてはしっぺ返しが必ず来るという意味では良い「反面教師」だったのでなかったでしょうか。

投稿: オラケタル | 2011年7月11日 (月) 21時45分

TOMOKOさま
むかし、大本営発表というのがあって、各地で連合軍に負けていても「勝った勝った」と放送していたように、政府の嘘は今に始まったことでは無いのですが、この情報化時代にあまりにもすぐばれる嘘をつかないでほしいものですね。

投稿: オラケタル | 2011年7月11日 (月) 21時36分

本当に、厄介なものを作ってしまったものです。と、今頃騒いでいるのも、今まで、安全との言葉をろくに考えもしないで、うのみにしてきていた自分たちにも責任はあるんでしょうね。なんでも電気、便利を優先して贅沢してきたつけでしょうかね。地球は24時間でぐるっと一周。チリの火山のチリも24時間で一周しているそうです。つまり、とっくに何周も地球を回っているってことですね。

投稿: | 2011年7月11日 (月) 10時20分

我々、国民は一体、何を信じたらいいのか?
お偉い方々の話される言葉が、素直には信じられない時代になってしまいました。大変な事だと思います。

投稿: tomoko | 2011年7月11日 (月) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52172051

この記事へのトラックバック一覧です: 濃淡繰り返して:

« 一日三度の水浴びも | トップページ | セピアがかかって »