« いま変脱皮のとき | トップページ | 田んぼに侵攻 »

2011年7月25日 (月)

麻機の朝

010a .

夜中に降った雨で草に露がたっぷりと水玉を載せている。

麻機沼の散歩道、朝日を受けた芦の葉は大小の水玉を光らせて、溶けかかった氷菓子のよう。

013_2 .

朝日を受けた氷菓子、たちまちにして霧になり、

木々の輪郭を薄れさせていく

山の端から八雲起たせて沼を静かに覆う。

朝は、ヨシキリの歌声に応えて、雲の布団を溶かす、

蒼い空は今日も夏の暑さを予感させて、、、

026

|

« いま変脱皮のとき | トップページ | 田んぼに侵攻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52306105

この記事へのトラックバック一覧です: 麻機の朝:

« いま変脱皮のとき | トップページ | 田んぼに侵攻 »