« 空蝉を透き通して | トップページ | 二百十日の台風か 防災の日か »

2011年8月31日 (水)

麻機の朝焼け

006 .街灯も残り、頭上には明けの明星も輝く、暁?黎明?

日本語の繊細さは、色使いはもちろん夜明け前の朝から日が落ちての夜まで数え切れないほどの呼び方がある。

たとえば、朝太陽が地平線に顔を出す前だけでも薄明かり、黎明(れいめい)、暁(あかつき)、東雲(しののめ)、曙(あけぼの)と言った言葉が思い浮かぶ。

035 .麻機沼に雲を浮かべて、東雲?

まだこの外にもあるのだろうが、これだけとっても何処で区別するのか浅学の身、見当が付かない。

ただ、これまで読んだ本に出てきた感じから察しているだけである。

今朝方の散歩は、この一連の朝焼けを眺めて歩いた。

031 .そして、雲を黄金色に染めて、曙?

これだけ、壮大なドラマを演じて登ってきた太陽も、間近にせまった台風12号の前衛にはばまれて、すぐに厚い雲の下、、、

|

« 空蝉を透き通して | トップページ | 二百十日の台風か 防災の日か »

コメント

おばさま
総理が変わって日本が変わるかしら?(゚m゚*)
お手並み拝見としばらくは様子見をします。
この内閣の一番注目点はどんな形の増税を提案してくるかです。

投稿: オラケタル | 2011年9月 1日 (木) 22時16分

日本の政治も総理が変わり、
まさに黎明期を迎え、国民のための政治を
期待しましょう。

投稿: おばさん | 2011年8月31日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52615082

この記事へのトラックバック一覧です: 麻機の朝焼け:

« 空蝉を透き通して | トップページ | 二百十日の台風か 防災の日か »