« 羊が一匹 羊が二匹、、、 | トップページ | 空蝉を透き通して »

2011年8月28日 (日)

鄙には稀な美人

033_2 .

岡部町から静岡にいたる峠道にタマアジサイが咲いていた。

蕾のうちは固い苞につつまれて擬宝珠のような格好をしているところから付けられた名前だが、淡いコバルト色が美しい。

040 そして、この花、紫陽花のの特徴である七変化どころか茶色く萎れるまで色を変えない。そんなところからか花言葉は「あなたは冷たい」だそうで、こんな言葉を当てはめた人はそのときよほど気分がよくなかったに違いない。

咲いているところは土に湿り気の多いところで、小さな沢筋が多い。

開花時期は、八月には入ってからが多く、ほかの紫陽花が終わってから咲くようで、いまが最盛期といった感じである。

音は立てないだろうが、珠がポンと割れたように開き、苞が落ちると小さな額を五~六枚おずおずと広げるところが奥ゆかしい。

ほとんどが野生で、庭先では見ないところから、園芸種としては育てにくいのだろうか、、、、、、鄙には稀な美人?

.

今日は、藤枝の瀬戸川上流にある温泉から山越えで朝比奈川に出てきたが、夏休み最後の日曜とあって、どの河原も家族連れで賑わっていた。

|

« 羊が一匹 羊が二匹、、、 | トップページ | 空蝉を透き通して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52590586

この記事へのトラックバック一覧です: 鄙には稀な美人:

« 羊が一匹 羊が二匹、、、 | トップページ | 空蝉を透き通して »