« 輪廻転生 | トップページ | 雨に濡れた岩場に »

2011年8月 4日 (木)

ラフテイング

023 .

今日も蒸し暑い一日となった。

市内を流れる巴川の支流長尾川の堤防を歩いていたら、小学校低学年らしき子供一人、浮き輪を持って川に入っていた。

周りを見ても、仲間や保護者が見えないのでどうなのかな、と、半分心配をしながら見ていたが、慣れているらしく浮き輪を尻の下にしてラフテイングのように流れに身を任していった。

夜になっても水の事故が放送されていないので、、、

.

テレビを見ていたらラフテイングという豪快な遊びが有り一度体験してみたい思いに駆られた。

画面は、アメリカのコロラド川をゴムボートに乗って降る場面だったが、名前の通り赤く濁った急流を10人くらい乗り込んでくだるというもの、、

日本でも川降りをする場所は何箇所も有るが、そのほとんどは川舟で下る優雅なもので、ゴムボートで降ると言うのは、近くでは富士川の元芝川町付近に有る。くらいにしか聞いていない。

テレビの様子からラフテイングとは、荒っぽいという意味かと思っていたが、筏降りのことを言うそうだ。

そうなると自分らも子供の頃、木を組んでは毎年やったことなのだが、テレビのような急流ではなく、どっちかと言うと海賊船気取りでやったものである。

そしていま、体力が衰え、バランスが悪くなっていることを自覚できない老人は、テレビを見てとても出来はしないだろうラフテイングに荒々しい思いを走らせている。

|

« 輪廻転生 | トップページ | 雨に濡れた岩場に »

コメント

ピカッとサリーさん
お久しぶり~、ブログの更新も無いようなのでどうしているかと思っていました。
ラフテイング、と言われるものは大型のゴムボートで激流を降るスポーツなのですが、多分、バランスを崩して川に放りだされても慌てないだけの心構えが必要な遊びだと思います。
この子の場合、ただの遊びでしょうが、最近うかつに声をかけられない雰囲気があって、、、、見ないことにしてしまいました。
とにかく、何度報道されても、駐車場に子供を置いてパチンコに興じる親もいる時代ですから心配は心配なのですが、、、

投稿: オラケタル | 2011年8月 5日 (金) 22時10分

お久しぶりで~す。

ラフテイング子供でも簡単にできるものなんですね??
でも気持ちよさそうな僕かな??ですが・・・
やっぱり子供だけの行動には危なさを感じます。

と言いながらこれなら私でも出来るかな~
やってみたいな♪
川根の川をまだこどもが小さい時に犬を連れ小さい方の川の流れで遊んでいると筏を作って上流から結構すごい勢いで川の流れに乗って遊んでる若者たちがいましたが・・・
なかなか楽しげでした♪
私も筏はもう出来はしないでしょうねぇ~^^


投稿: ピカッとサリー | 2011年8月 5日 (金) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52391613

この記事へのトラックバック一覧です: ラフテイング:

« 輪廻転生 | トップページ | 雨に濡れた岩場に »