« 麻機の朝焼け | トップページ | 風雲急を告げる »

2011年9月 1日 (木)

二百十日の台風か 防災の日か

001a .

センニンソウの花が咲き出して小さな木を真っ白な花ですっぽりとつつんでいた。

049 一つ一つは、四枚の花弁のような額を広げ、中央に蘂を突き出させているが、あまり数が多いのでなんだか目移りがし、何処を写してよいのかわからない。

名前のいわれは、種の先に白い髭状のものが突き出しているところからなづけられたそうだが、そんな風情に似合わず毒があるとかで、馬も食べない草だと聞いた。

しかし、毒は薬にもなるそうで葉を揉んで張ると扁桃線に良いとか言われているが、まだ使ってみたことが無い。

.

早いもので、今日から九月。

秋も本格的になるのだが、その先陣を切って「防災の日」とかで朝から同報無線が呼びかけていた。

三月に東北の地震があって、今までのおざなり訓練より趣向を変えて行われたようだが、、、、、、、静岡ではあいにくの気候とかで中止にした市町があったそうで、新聞に載っていた記事だけからみると、あまり代わり映えのしない訓練だったそうだ。

そのなかで、雨が降ったことで中止したことを批判しているコメントもあったが、「地震は晴れた日ばかりに来るものでない」と言うのに同感したが、訓練だからそんなのもありかな?なんて思ったりもしていた。

しかし、東京の道路封鎖をして、渋滞の具合を調べるはどんな意味があったのだろうか。いざ直下型地震が来た場合シュミレーション通りに行くはずがない。

大量の自動車運転手が平静でいられるか、ビルからの落下物、飛び出してきた人人、おまけに津波が来たとしたら東北の地震に輪をかけた被害がでるはず。

何にもしないで、と、思いつきでやったにしては、、、、、、、、、、

とにかく、これらの訓練が役に立つことを願っている。と、同時に自分が生きている間でよいから空振りの連続であって欲しいものだと、よこしまで自分勝手な期待もしている。

おりから、二百十日にあわせたかのように台風が襲来している。

本体は、明日の夕方らしいが前衛の雲は雨を呼び込み各地で大雨を降らせ、由比の東名高速道路は高波のため今日二度の通行止めに入っている。

|

« 麻機の朝焼け | トップページ | 風雲急を告げる »

コメント

おばさま
静岡はやったそうですが、何処でやったのか知りません。
地震を始め、災害が予定通り来ればよいのでしょうが。
訓練どおり来るわけもなし、そのたんびに「想定外」を繰り返して忘れていくようで、、、、
東北のほうでも、「ここまで津波が来た」という石碑などがあったようですが、、、、その内側に家が、町があったんですってね。

投稿: オラケタル | 2011年9月 2日 (金) 21時44分

富士市も訓練は中止になりましたが、
災害はいつ来るかもしれないと思うと、
実施した方が良かったのでは。
想定外のことが多いのだから、あらゆることを
想定した方が良いでしょうね。
わが家では、備蓄品のチックをしました。

投稿: おばさん | 2011年9月 1日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/52623740

この記事へのトラックバック一覧です: 二百十日の台風か 防災の日か:

« 麻機の朝焼け | トップページ | 風雲急を告げる »