« 地表の紅葉 | トップページ | 射光を透き通らせて »

2011年11月25日 (金)

ご辞退申し上げた

014

竹は草とも木とも分からないそうだが、この”皇帝ダリア”明らかに草である。

花までの高さは四mは優に超えて咲かせている、草がこんなに大きくなるのは、ほかでは見当たらないだろう。

寒さに弱いと言われ、十九日の雨風でかなり倒されながらも、残りはいまだ元気に咲き続けている。

今日も今日とて秋の夕日に染められて、直径は20センチもあろうかと言う大きな花を、高い空に揺らめかせて立っている。

このダリアの繁殖方法は、普通のダリア同様、地下の芋で増やすのだが、意外と生命力が強いようで、茎を短く切って挿し木するだけで増殖することが出来るそうだ。

「お宅も持って行かんかね」と言われたが、こんなに高く育つ草は狭い庭には似合わないし、離れてみる場所もないのでご辞退申し上げた。

|

« 地表の紅葉 | トップページ | 射光を透き通らせて »

コメント

おばさま
「大は小を兼ねる」と言いますが、おば様のところほど大きな庭があればともかく、独活の大木よりまだ大きいんでは、ほかの花と釣り合いが取れません。
猫の額のような我が家の庭では、ご辞退以外何もありません。

投稿: オラケタル | 2011年11月27日 (日) 21時17分

よしこさま
そうなんです。
この花の色合いはダリヤの華々しさを感じさせないんですね。
ほかの色もあるようですが、私の周りにはこの色しかないし、、、やはりご辞退は当然でしょうね。

投稿: オラケタル | 2011年11月27日 (日) 21時10分

お隣さんにもあり、眺めさせてもらいますが
なにしろ高い…首が疲れるほどに。
流石 名の通り 高い所から下を見下ろすんでしょうか。

投稿: おばさん | 2011年11月27日 (日) 11時53分

そうなんですよね。ちょっと背が高くなりすぎて、離れらところに行かないと花が見えないですし、それに、やっぱり時期的にダリアの花は違和感があるんです。鮮やかでもあり、逆に寒々した感じもしてしまいます。高くなっても低いところにも咲いてくれるとまた違うんですが。最近は春にコスモス、秋にひまわりなんてあって、ちょっとなじめないです。やはり季節に咲いた方が良いような…。
それから、ハイビスカス、私も昨日写しました。ちょっと寒さにやられているのもあったのですが、頑張って咲いていました。なんて思うのは、勝手でしょうかね。

投稿: よしこ | 2011年11月27日 (日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/53333258

この記事へのトラックバック一覧です: ご辞退申し上げた:

« 地表の紅葉 | トップページ | 射光を透き通らせて »